だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

禁じられた楽園/恩田陸

◆読んだ本◆
・書名:禁じられた楽園
・著者:恩田陸
・出版社:徳間書店
・定価:1,800円
・発行日:2004/4/30

◆評価◆
・ひたすら恐い度:★★★★★
・みごとな展開度:★★★★★
・読む方が恥ずかしくなる落ち度:★★★

◆ひとこと◆
烏山響一。素晴しいアーティストとしての能力を持ち、カリスマ性をそなえた彼の回りには、絶えず多くの取り巻きがいた。平口捷は階段式の大教室の片隅で、そんな烏山響一をながめていた。自分と烏山響一との関係が、急速に近付くとは思いもせずに…

カリスマ的な魅力と人間離れした負の才能を持つ烏山響一。
死人の姿を幻視するという「カーテン」とい名のDVDソフト。
広告代理店で極秘裏に進められたプロジェクト。
烏山響一を中心とした謎めいた出来事、他の登場人物達の非日常的な体験描写。
瑞々しくも禍々しいホラータッチの展開は、読む者を釘付けにする。

いくつかの並行して描かれる物語が、烏山響一に集約するさまも見事だし、後半の「パノラマ島奇談」を彷佛とさせる恐怖のインスタレーションも、恐い。
モダンホラーばりの描写でありながら、怪談話のような恐怖を感じる。
登場人物たちが烏山響一の世界にからめとられたように、自分も恩田陸の小説世界に取り込まれ、恐怖を追体験。
天気の良い春の日中に読んだというのに、背筋がゾクゾク。思わずエアコンの暖房をつけてしまった。 著者の文章力に、あらためて感心する。

しかし、落としどころはどうか。
今までの恐怖感をぬぐい去るラストだが、意見の別れるところ。
とても美しくはあるが、少女マンガの「瞳にお星さま」みたいな感じで、おじさんには、ちょっと恥ずかしい。


禁じられた楽園
禁じられた楽園恩田 陸

おすすめ平均
stars作者独特の世界。
stars始めて読んだ恩田陸作品
stars不安な美術館
stars恐怖のプライベート美術館
stars途中までは面白かったのに・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

天才パイレーツ/戸梶圭太

◆読んだ本◆
・書名:天才パイレーツ
・著者:戸梶圭太
・出版社:朝日新聞社
・定価:1,500円
・発行日:2004/4/30

◆評価◆
・ドタバタサスペンスホラー度:★★★
・連発する狂気の雄叫び度:★★★
・お下品ねぇ~度:★★★★

◆ひとこと◆
「埋もれている天才を社会に適応させる船上セミナー」。そんなセミナーに集まって来たのは、とても天才とは思えないバカ丸出しの奴らばかり。おまけにセミナー参加者とスタッフや船員たちは、とてつもない事件に巻き込まれ…

戸梶圭太のブッちぎりドタバタサスペンスホラー小説。
良識のあるお嬢さんが読んだら、失神しそうな言葉の連発からはじまり、お下品さ爆発。
天才達がどんなことをしでかすのか、楽しみな展開! と思いきや、なんだか海洋冒険小説風の味付けになったり、さらにはバイオホラーに。シーンごとにはまとまっているけど、全体的にはチグハグ。
もっと天才達を思う存分暴れさせて欲しかった気も。

はじめは強烈な印象だった「ウンコチンコマンコ」という間の手?や「ぶっ殺せーっ」というかけ声?も、読み進むうち普通の文章に思えてくるから不思議。
トカジ初体験の方には、インパクトが強いかもしれないが、トカジ中毒者にはもっと純度が高くないと、ガツンとこない。


天才パイレーツ
天才パイレーツ戸梶 圭太

おすすめ平均
starsいまいち?
starsなかなかGOOD

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

舞闘会の華麗なる終演 暁の天使たち外伝1/茅田砂胡

◆読んだ本◆
・書名:舞闘会の華麗なる終演 暁の天使たち外伝1
・著者:茅田砂胡
・出版社:中央公論新社C★NOVELS
・定価:900円
・発行日:2004/3/25

◆評価◆
・外伝(おまけ)度:★★
・解きあかされる謎/主人公達の秘話度:
・少女小説度:★★

◆ひとこと◆
本編では語られなかった2つの物語り。

「茅田砂胡」=「デルフィニア戦記」=「面白い」と、脳みそに刷り込まれてしまったオヤジは、書名が「舞闘会の華麗なる終演」などという普通のオヤジは一生手にとるようなことが無い名前で、レジの女性にどう思われるか心配しながらも、ウキウキして買ってしまう。
「デルフィニア戦記」の与えたものは、偉大だなあ。

そんな厚い思いとは裏腹に、本書はいまひとつ。
主人公達のべらぼうで破天荒な描写はあるが、妙にウエットで少女少女している内容に、ちょっとなじめない。
これが少女小説の本道なのかな?

それにしても「舞闘会の華麗なる終演」という書名は、買う時にたじろぐ。


舞闘会の華麗なる終演―暁の天使たち 外伝〈1〉 C・NOVELSファンタジア
舞闘会の華麗なる終演―暁の天使たち 外伝〈1〉 C・NOVELSファンタジア茅田 砂胡

おすすめ平均
stars「外伝」ではありません
stars初書き
stars大好きなシリーズです
stars気になるところがしっかりと
stars終演、というよりカーテンコール

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

オトナ語の謎。/糸井重里

◆読んだ本◆
・書名:オトナ語の謎。
・著者:糸井重里
・出版社:東京糸井重里事務所
・定価:1,300円
・発行日:2003/12/5

◆評価◆
・爆笑&納得度:★★★
・会社用語辞典度:★★★
・会社の机に一冊置いとくと役にたつ度:★★★★★

◆ひとこと◆
ほぼ日刊イトイ新聞』に掲載されていたものをまとめた本。オトナ達が会社で日々使っている様々な用語を、単語ごとに解説したもの。

これがなかなか笑わせるやら感心納得するやら。
「なるはや」「コンセンサス」「アレしますから」「半値八掛二割引」といった会社の中で使っている言葉が、いわば一種の業界用語であることが分かってしまう。あらためて文字にされると、へんてこな言葉ばかり。
「悪くないですね」と「悪くはないですね」。「は」が有るか無いかで、意味もビミョーに変ってきたり。

しかしこれらのオトナ語を知らないと、顧客や上司とのコミュニケーションがとれなくて、苦労しちゃう。
新人社員は、マナー本と一緒にこの本も読んどいた方がいいかも。

ちなみに私の勤める会社では、何かを説明している時に「悪い意味ではなくて」と、連呼する人がいる。
「…この部品の製作を依頼したいのですが、悪い意味ではなくて、そちらでも仕様の内容を確認していただいてですね、悪い意味ではなくて、前倒しでお願いしたいんですよ…」

いったいどうゆう意味なのか良くわかんないが、ただの口癖だろう。


オトナ語の謎。 (ほぼ日ブックス)
オトナ語の謎。 (ほぼ日ブックス)糸井 重里

おすすめ平均
stars面白くてためになる!
starsクールな現代語辞典
stars実は実用書?
starsあるある(笑)
starsほくそ笑む

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

FC2Ad