だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

天冥の標2 救世群/小川一水

◆読んだ本◆
・書名:天冥の標2 救世群
・著者:小川一水
・定価:760円
・出版社:ハヤカワ文庫
・発行日:2010/3/15

◆おすすめ度◆
・大叙事詩SFの開花度:★★★★
・パンデミックSF度:★★★★★
・ビシビシときまる伏線/次々はられる伏線度:★★★★

◆感想◆
201X年、ミクロネシアの島で発生した謎の疫病。各国の医療チームが対応にあたるが、致死率の非常に高い疫病は世界的な規模で感染を広げていく・・・

天冥の標1巻目「メニー・メニー・シープ」のつぎはぎだらけのようなストーリーとは大違いの見事な展開。同じ作家とは思えない(おおげさ?)!

疫病がこうやって起きて世界に広がっていくのがパンデミックなんだなあ、と実感させるリアルさ。
SF的な面白さ抜群な、疫病発生源の設定。
「メニー・メニー・シープ」に出てきたエピソードやキーワードが、パズルがピタリとはまるように決まる快感。
さらにこれからの展開をはやく知りたくなる伏線。

登場人物も魅力的に描かれてるし、読みはじめたら止まらない面白さ。
いったいこのあとの8巻は、どんな物語になるのか待ち遠しいっ。

天冥の標 2 救世群 (ハヤカワ文庫JA)
天冥の標 2 救世群 (ハヤカワ文庫JA)
おすすめ平均
stars一変
stars驚きの急展開
stars面白いなんて言ったらもったいない
stars要素の付加による形質の変化

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
楽天ブックスで詳しく見る
bk1で詳しく見る

去年新型インフルエンザが流行ったときに「救世群」を読めば、よりリアルに読めたかも。
ホラーは真夜中に読むとより怖いように、TPOに合わせて小説をチョイスするっているのもアリ?!

◆関連記事◆
天冥の標(2) 救世群 / 小川一水/booklines.net
『天冥の標2 救世群』/奇想庵
天冥の標 2 救世群/基本読書
小川一水「天冥の標2 救世群」/phantasmagoria
小川一水 天冥の標シリーズ/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

天冥の標1 メニー・メニー・シープ/小川一水

◆読んだ本◆
・書名:天冥の標1 メニー・メニー・シープ
・著者:小川一水
・定価:上660円 下660円
・出版社:ハヤカワ文庫
・発行日:2009/9/25

◆おすすめ度◆
・大叙事詩SFの開幕度:★★
・ギュウギュウの展開度:★★
・倒叙形式ワクワク感「何がどうしてこうなった?」度:★★★

◆感想◆
西暦2803年、植民星メニー・メニー・シープは入植300周年を迎えようとしていたが、臨時総督のユレイン三世による弾圧が続き住民の不満が蓄積しつつあった・・・

「天冥の標」シリーズ全10巻の第1巻。
「全10巻は長いなあ、ちょっと遠慮しとこうかな」と思っていたんだけど、先頃発行された第2巻「救世群」の評判がいいみたいで、「それじゃあ読んでみっか」と。

物語は人間が入植してから300年たった惑星「ハーブC」が舞台。
ユレイン三世による専制的な統治により、いままでおおきな反乱のなかった社会に、反総督府的な感情が生まれている。
そこに謎の疫病が発生したのをきっかけに、総督府、「海の一統」という人体改変人類、「石工」という現住種族、「恋人達」というアンドロイドなどのグループが、組んず解れつの駆け引きと事件を起こしながら、物語は展開。

やや詰め込み過ぎで、結果ありきの強引な展開。
色々なアイデアは面白いんだけど、それを物語として繋ぎあわせるのに苦労しているような感じ。

「これから9巻続くのか」と思ったら、どうやら2巻目はほぼ現在の地球が舞台。
どうやら倒叙形式で描かれるようなのだ。

ウーム、どうしたもんかな。
全10巻付き合うか?
第2巻の「救世群」買っちゃったしな。

天冥の標〈1〉―メニー・メニー・シープ〈上〉 (ハヤカワ文庫JA)
天冥の標〈1〉―メニー・メニー・シープ〈上〉 (ハヤカワ文庫JA)
おすすめ平均
stars小川一水の小川一水による小川一水のためのSF(敬称略)
starsう~~ん…?
stars日本SF史に残る一大叙事詩(になりそう)
stars小川一水全部載せ
stars全10巻,3年がかりの超大作.

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
楽天ブックスで詳しく見る
bk1で詳しく見る


天冥の標〈1〉―メニー・メニー・シープ〈下〉 (ハヤカワ文庫JA)
天冥の標〈1〉―メニー・メニー・シープ〈下〉 (ハヤカワ文庫JA)
おすすめ平均
starsうさぎおいしかのやま
starsちょ、おいィ!?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
楽天ブックスで詳しく見る
bk1で詳しく見る

本書に登場するイサリがどうしても映画「アバター」の青色異星人を連想してしまう。
アバター見てないし、外見の描写も違うんだけど、野生なところがそう思わせるのかな?

◆関連記事◆
小川一水 『天冥の標 I メニー・メニー・シープ』/宵の徒然
『天冥の標 1 メニー・メニー・シープ (下)』/手当たり次第の本棚
「天冥の標1メニー・メニー・シープ」小川一水を読みました!/知的生活へのあこがれ
「天冥の標〈1〉―メニー・メニー・シープ」(小川 一水)/May I ask? Please ask me.
小川一水 天冥の標シリーズ/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

魔法使いの弟子たち/井上夢人

◆読んだ本◆
・書名:魔法使いの弟子たち
・著者:井上夢人
・定価:1,900円
・出版社:講談社
・発行日:2010/4/1

◆おすすめ度◆
・大胆びっくりホラー小説(火田七瀬)度:★★★★★
・とんでもSF小説(チャーリー・マクギー)度:★★★★★
・希有壮大サスペンス(稲村慎司)度:★★★★★
・時空を超えたロマンス(葉山晶子)度:★★★★

◆感想◆
週刊誌ライターの仲屋京介は、竜王大学病院で起きた新興感染症を取材するため山梨へ向かう。現地で取材をはじめたとき大学病院の関係者の女性と接触したことで、彼もウイルスに感染してしまうが・・・

面白い!
面白すぎるぞ、井上夢人!
長編の新刊を9年間待ったかいがあるってもんだ。

物語の出だしはバイオハザードっぽいサスペンス風。でも読み進めるとドンドンドンドン大風呂敷が広がって、「おいおい大丈夫か?」と言いたくなるような大胆な展開に。

ヘタするとただ荒唐無稽な小説になりそうだが(読む人によってはそうなっているかもしれなけど)、寸止めでワクワクドキドキハラハラのエンターテイメント小説に留まっている。と、読んだ。

こうゆうのは読みはじめたら一気に読んじゃうのが楽しむコツだし、一気に読ませる面白さ充分。
ちょっと俯瞰して読んだりすると、シラケちゃうかもしれないからね。

内容については詳しく知らないで読んだほうが断然いい。
優しげなキャラクターの登場人物や、どっかで読んだことありそうな展開に、著者のファンは滝のようなうれし涙。

井上夢人ファンはお見逃しなく!
そうでない方も是非!


魔法使いの弟子たち
魔法使いの弟子たち井上 夢人

おすすめ平均
stars井上ワールド全開♪

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
楽天ブックスで詳しく見る
bk1で詳しく見る

おすすめ度の人名解説。
(解説っていうほどではなんですが・・・ ネタバレに近いかも、です)

火田七瀬:
 筒井康隆「七瀬三部作」の主人公。
 はじめて読んだ時はビックリしたなあ。
チャーリー・マクギー:
 S・キング「ファイアスターター」のヒロイン。
 この小説でキングに目覚めました。
稲村慎司:
 宮部みゆき「龍は眠る」の主人公。
 宮部みゆきの傑作小説。等身大の主人公は従来にないタイプで斬新。
葉山晶子:
 井上夢人「ダレカガナカニイル…」のヒロイン。
 この小説、究極の恋愛小説でもあります。


家族八景 (新潮文庫)
家族八景 (新潮文庫)
おすすめ平均
stars心象表現がいいです。
starsエロい人は注意
stars人の醜悪さ、狂気、内面の汚さ
stars七瀬の未来は・・・
starsテレパスってこわい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
七瀬ふたたび (新潮文庫)
七瀬ふたたび (新潮文庫)
おすすめ平均
stars超能力者の人間ドラマ
stars主人公キャラが支持された数少ない筒井作品の一つ
stars3部作のなかで1番おもしろく、好きです。
starsわくわくどきどきスリル満点
stars本格SF作品!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
エディプスの恋人 (新潮文庫)
エディプスの恋人 (新潮文庫)
おすすめ平均
stars長女を七瀬と名付けました
starsアイドル性、最大活用
stars筒井さんもかなり無理して書いたのでは
stars狙いすぎかなぁ。
starsファンをSF的に叩きのめし、キャラクターを封印してしまった

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ファイアスターター (上) (新潮文庫)
ファイアスターター (上) (新潮文庫)深町 真理子

おすすめ平均
starsクロスファイア。
stars眠れなかった
stars「火をともす人」にもなりうるのに
stars忘れられない逸品
stars見える 見える、映像が。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ファイアスターター (下) (新潮文庫)
ファイアスターター (下) (新潮文庫)深町 真理子

おすすめ平均
stars少女が生き残るためにとった最後の行動は?
stars他には考えられない!
starsやっぱりキングはおもしろい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
龍は眠る (新潮文庫)
龍は眠る (新潮文庫)
おすすめ平均
starsミステリーと超能力の取り合わせの妙味
starsクライマックスの事件がなあ・・・・・
starsベストの一冊です。
stars超能力者の苦悩をまるで現実のように描いている作品
starsリアリティがさすが

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ダレカガナカニイル… (講談社文庫)
ダレカガナカニイル… (講談社文庫)大森 望

おすすめ平均
stars輪廻の蛇
stars何も考えずにとにかく読んでみよう。
stars引き込まれる
stars大げさなコピーも納得
stars井上夢人としては初めての作品

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆関連記事◆
井上夢人:魔法使いの弟子たち/読書記録, et.al
魔法使いの弟子たち 井上夢人 講談社/おいしい本箱Diary
夢人.com/著者のホームページ

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

エデン/近藤史恵

◆読んだ本◆
・書名:エデン
・著者:近藤史恵
・定価:1,400円
・出版社:新潮社
・発行日:2010/3/25

◆おすすめ度◆
・自転車レース小説度:★★★
・ツール・ド・フランスの過酷さと緊張度:★★★
・事件の背景にあるプロの厳しさと才能と信頼度:★★★★

◆感想◆
ツール・ド・フランスに出場する夢がかなった主人公白石誓。しかし、レースがはじまると、チーム内にはどこかぎこちない空気が・・・

サクリファイス」の続編。
こんどはツール・ド・フランスが舞台。
地名がフランス語だし登場人物もカタカナばっかりで、「うーむ、これは困った。地名と人名の区別がつかないぞ・・・」と、カタカナ固有名詞苦手症候群を発症しかけたが、思いのほか登場人物も少なく楽勝!
よかったよかった。

そんなことより小説の内容。
主人公は「サクリファイス」と同じ山岳を得意とするレーサー白石誓。
フランスのチームに所属し、ミッコというエースのアシスト役だ。
自分の勝利のために走るのか、それともミッコのアシスト役に徹しチームを優勝させるために走るのか、その葛藤が読みどころの一つ。
「サクリファイス」と同じテーマだな。
またそれがミステリー小説としての伏線にもなっている。

といってもミステリーな展開はわずか。
レースの駆け引きや、ツール・ド・フランスという自転車競技に関する興味でクイクイ読ませる。
レースに関するくどい説明がなく(逆に説明不足なくらい)、短い文章で登場人物の心理描写をするあたり、スカットしていてスポーツ小説らしくいい感じ。

読後の印象も爽やか!
「サクリファイス」を読んでからご一読を。


1004121710.jpg
ツール・ド・フランス/ウィキペディア

あれよあれよという間に読み終わってしまた本書。
1ページに占める文字数が少ないのか?
それともサクサク読ませる文章作法があるのか?
とおもったら、初出「新潮ケータイ文庫DX」の文字が。

これが噂のケータイ小説?
でもあんまり普通の小説と変わらないような気が。
単行本用に校正したのかな。

◆関連記事◆
「エデン」 近藤 史恵/日々の書付
エデン 近藤史恵/棒日記VII
エデン(近藤史恵)/未明の本棚
エデン 近藤史恵 新潮社/ミユウのいろいろ日記
サクリファイス/近藤史恵/サイト内


エデン
エデン
おすすめ平均
starsほんとうに「楽園」があるのか?
stars惜しい!あまりにも惜しい!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
楽天ブックスで詳しく見る
bk1で詳しく見る

サクリファイス (新潮文庫)
サクリファイス (新潮文庫)
おすすめ平均
stars男の嫉妬は恐ろしい
starsその立場に立たないとわからないもの
stars脳内スポーツ小説
starsヤバい
starsこれはいい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
楽天ブックスで詳しく見る
bk1で詳しく見る

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

去年はいい年になるだろう/山本弘

◆読んだ本◆
・書名:去年はいい年になるだろう
・著者:山本弘
・定価:1,700円
・出版社:PHP研究所
・発行日:2010/4/16

◆おすすめ度◆
・歴史改変SF小説度:★★
・未来との遭遇シミュレーション度:★★★
・リアルとフィクションの混交度:★★★

◆感想◆
2001年9月11日。未来から来たガーディアンと名乗るアンドロイドに、地球全域の軍事力が制圧されてしまう。彼らは「人間を守ることが使命」だといい、自然災害、テロ、戦争などから人々を救いはじめるが・・・

歴史改変もののSFだけど、極めてユニーク。
実際に起きた出来事はわんさか出てくるし、著者が実名で登場するし経歴や著作に関するプライベートな情報も織り込んだ日記形式のSFなんである。
かなり実験的だ。

物語は、主人公の山本弘のもとにコンタクトしてきたアンドロイド・カイラという女の子との交流?をメインに、実際にこんなことが起きたら個人の生活はどうないっていくんだ?をテーマに進行。
当然家族の話し(勇気ある展開だ!)や自著についての言及(頑張ってるのね)や小川一水と遭遇(お遊び?)やと学会の話しなど、SFに見せかけた私小説風のノリ。
カイラというアンドロイドも、著者の妄想を具現化したような美少女キャラで、登場人物にそれを「好みを読んでる!」と突っ込ませたりしている。

ハッピーな展開になりそうな出だしの設定だけども、悲観的な描写もあったりして・・・

山本弘マニアと変わったSFが読みたい!という方には超オススメ。へんてこ歴史改変SFを楽しめるし、著者についても分かっちゃうというユニークさだ。


1004121440.gif
山本弘のSF秘密基地

おれの所にも、カイラみたいな美少女アンドロイドがこないかなぁ。
高校生よりもうちょっと年上の方がいいなぁ。
と、そっち方面にばかり妄想が膨らむのはなぜ?


◆関連記事◆
『去年はいい年になるだろう』/山本弘のSF秘密基地BLOG
去年はいい年になるだろう (PHP、山本弘)/黒熊のよちよち無料相談質屋
去年はいい年になるだろう/いずみっち読書三昧
去年はいい年になるだろう/ただのオタクと思うなよ
去年はいい年になるだろう(山本弘)/LISApapaコメント集

去年はいい年になるだろう
去年はいい年になるだろう
おすすめ平均
starsSFマインドで私小説
starsクライマックスはベタですが、お見事
starsタイムパラドックス物の傑作
stars山本弘の災難

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
bk1で詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

魚舟・獣舟/上田早夕里

◆読んだ本◆
・書名:魚舟・獣舟
・著者:上田早夕里
・定価:590円
・出版社:光文社文庫
・発行日:2009/1/20

◆おすすめ度◆
・ダークSF短編集度:★★
・濃密で凝縮されたSFのエッセンス度:★★★
・暗いトーンに揺さぶられる魂度:★★

◆感想◆
全体的に暗いトーンのSF短編集。
SFが読みたい 2010年度版」で4位だし、帯には「年間ベスト級」「傑作」「日本SF史上屈指の力技」「骨太の世界設定」「感情あふれるドラマ」などの言葉が乱れ飛び、読む前に期待が膨らむ一冊なんである。

実際読んでみると、なかなか物語の設定は凝っているし内容や展開もハード。
中編や長編にしてもいけそうな物語を、短編に凝縮しているような印象。
だがそのエッセンスが暗いなあ。
それゆえ読者の心を揺さぶるような力を生み出しているけど、間違えても読んで楽しくなるタイプの小説ではない。

中でも本書の約半分の量を占める中編「小鳥の墓」が、「時計仕掛けのオレンジ」風な社会を舞台にしていて興味をそそられる。
主人公のこれからがもっと読みたくなる展開だ。


photo
魚舟・獣舟 (光文社文庫)
光文社 2009-01-08
売り上げランキング : 86277
おすすめ平均 star
star短編集
starもっと、日の目を見せてあげたい作品。
starかなりのレベルのSF短編集
starとても良い
starこれを読んで「火星のダーク・バラード」がすごく気になってきました。

火星ダーク・バラード (ハルキ文庫) ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション) あなたのための物語 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション) NOVA 1---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫 お 20-1 書き下ろし日本SFコレクション) 美月の残香 (光文社文庫)

by G-Tools , 2010/04/07

bk1で「魚舟・獣舟」を詳しく見る
楽天ブックスで「魚舟・獣舟」を詳しく見る

「小鳥の墓」は「火星ダーク・バラード」にリンクした物語りだそう。
これを読めば「小鳥の墓」の主人公が、どんな心の暗黒面をしているのか分かりそうな感じだ。「火星ダーク・バラード」、読みたくなるなあ。

って実は昔、「火星ダーク・バラード」を読んでるんだけど、ちっとも覚えていないんである。
これはひょっとすると、幸せなことなのか?

◆関連記事◆
『魚舟・獣舟』上田早夕里/Lエルトセヴン7 第2ステージ
『魚舟・獣舟』/ほとんど積読(たまに読む)日記
上田早夕里『魚舟・獣舟』/本読みの憂鬱
上田早夕里:魚舟・獣舟/読書記録, et.al
魚舟・獣舟/基本読書

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

モンスター/百田尚樹

◆読んだ本◆
・書名:モンスター
・著者:百田尚樹
・定価:1,500円
・出版社:幻冬舍
・発行日:2010/3/25

◆おすすめ度◆
・変則的恋愛小説度:★★
・醜い女性の葛藤・復讐・変容度:★★★
・美容整形のやりかたと効果度:★★★★

◆感想◆
周囲から「バケモノ」とあだ名され、いじめられた和子。醜い顔ゆえに友人も恋人もできないまま育った和子は、ある決心をする・・・

想像を絶する(という設定の)ブスな女性が主人公。 辛く悲しい生活を送った生まれ故郷を抜け出し、美容整形を決心するまでの過程と、とてつもない美人になって故郷に戻り、かつて自分をいじめ蔑んだ人々を見返してやろうとする過程とが交互に展開。
はじめは復讐譚かと思ったが、予想とは違う方向に。

ちょっと主人公の行動や心理が男目線すぎるような気もするし(これを読んで女性は共感したりするのだろうか?)、ミステリーやホラーな味付けが欲しいところだが(著者はそうゆうタイプの小説を書く作家じゃないのね)、主人公 の和子が美容整形に懸ける覚悟と執念はスゴい。
目の整形からはじまって、ドンドンエスカレートしていく展開は、鬼気迫るものがある。

美容整形に関する蘊蓄も面白い。
目頭を切開するとパッチリ眼になるとか、鼻と唇と顎が一直線に並ぶエステティックラインとか、口角があがっているか下がっているかや目と眉の間隔で知性や優しさをも演出することができるとか。
本編よりこっちの方が面白いぞ。
テレビに出演する綺麗なタレントを見ると、目頭切開法をしているのかどうか注視してしまうようになった。

はては女性の大事な部分を整形するということまで・・・
気になる女性は気になるのね。
ま、男も同じか。

話しは横道にそれたけど、そんな風に(どんな風だ?)して絶世の美人になるまでとなった後の、せつな悲しい女性のお話。


平均顔
平均美人説/ウィキペディア

顔のパーツや配置が平均値の女性が美人なんだそう。
見慣れてるってことか。

◆関連記事◆
『モンスター』 百田 尚樹 [読んだ本]/物欲の日々
モンスター@百田尚樹/読 者 生 活
「モンスター」百田尚樹/図書館で本を借りよう!~小説・物語~

モンスター
モンスター
おすすめ平均
stars私は戦って美しさを手に入れた。だから、私は美の価値を知っている。(内容に触れてます)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
bk1で詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

FC2Ad