だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

YOU!/五十嵐貴久

◆読んだ本◆
・書名:YOU!
・著者:五十嵐貴久
・定価:1,300円
・出版社:双葉社
・発行日:2010/10/24

◆おすすめ度◆
・友情と絆の青春小説度:★★★
・映画「フラッシュダンス」みたい?度:★★★
・活き活きしてるぜ度:★★★

◆感想◆
アルバイトに映画のエキストラをしようと面接会場に行った優(♀)は、ひょんなことから男性アイドル事務所のオーディションを受けることに…

女の子が男性アイドルのオーディションに合格してしまいうというトンデモ設定。
おまけに練習生の中でも抜きん出た才能を発揮しはじめて、女であることを隠しながらも新人グループとして男子と一緒に頑張っちゃうという青春小説。

ま、設定に無理はあるものの、それを感じさせない勢いとスピード感で読ませるところは、さすが五十嵐貴久。
なんでもそつなくこなします。
おまけにヒッポホップダンスのリアルな描写までして、なんだか実際にやったことがあると思わせるほどだからたいしたもんだ。

登場人物もカッコいい奴、ちょっと悪い奴、気のいい奴、クールな奴とバラエティーに富んでるし、爽やかでハッピーエンドな展開は女子中学生向けのテレビドラマにもうってつけだ。

ヒッポホップダンスってなに?な方は、youtubeで見てからどうぞ。
若い方は一緒にダンスしてもいいですが「踊りと言えば盆踊りしかしらない」という方は、無理されないように。

YOU!

五十嵐 貴久 双葉社 2010-10-20
売り上げランキング : 11838


by ヨメレバ

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

こめぐら 倉知淳作品集/倉知淳

◆読んだ本◆
・書名:こめぐら 倉知淳作品集
・著者:倉知淳
・定価:1,600円
・出版社:東京創元社
・発行日:2010/9/30

◆おすすめ度◆
・お笑いミステリー小説度:★★
・度肝を抜く設定/破れかぶれな設定度:★★★
・メタっぽい感じ?度:★★

◆感想◆
過去に雑誌などに掲載されたけど単行本化されなかった短編を集めた作品集。
同時に「なぎなた」という短編集も出版されて、CDの両A面みないな体裁。

いきなりブラジャーを着けるのが好きな男たちが登場する短編ではじまる本書は、破天荒で度肝を抜くのが狙いな感じのミステリー小説。
他にもSF的だったり、登場人物が動物だったりと、普通のミステリーとは趣きを異にする。

ユニークと言えばユニークだけど、破れかぶれな苦しい設定とも読める。
ちょっと微妙だ。

ラストは猫丸先輩が登場する短編。
著者もシリーズ物は書きやすいのか、この短編は好印象。
単行本未収録の短編だそうだから、ファンの方はお見逃しなく!

こめぐら (倉知淳作品集)

倉知 淳 東京創元社 2010-09-29
売り上げランキング : 68298


by ヨメレバ

本を書いて売れると、どれくらい印税が入ってくるのか?

だいたい印税が5~15%で、ミステリー小説などの場合は10%くらいみたい。
書いた本が1冊1,600円として、10万部のベストセラーになたっとすると、
1,600円×100,000部×10%=16,000,000円

おお!
けっこうな収入だ。
でも税金払ったりメシ食ったり遊んだりするには、毎年1冊、悪くても数年に1冊はベストセラーを書かねばならないな。
老後のこととか考えると、貯金もしとかなきゃならないし。

う~む。

◆他サイトの感想◆
ミステリっぽい本とプログレっぽい音樂
馬耳徒然(ばじつれ!)

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

なぎなた 倉知淳作品集/倉知淳

◆読んだ本◆
・書名:なぎなた 倉知淳作品集
・著者:倉知淳
・定価:1,600円
・出版社:東京創元社
・発行日:2010/9/30

◆おすすめ度◆
・ほんわかミステリー小説度:★★★
・ひねった展開度:★★★
・こういうミステリー+αな小説が好き度:★★★★

◆感想◆
過去に雑誌などに掲載されたけど単行本化されなかった短編を集めた作品集。
同時に「こめぐら」という短編集も出版されて、CDの両A面みないな体裁。

倉知淳というと寡作であんまり派手なイメージはないんだけれど、読んでみるとひねりの効いたミステリーだったり、けっこうユーモラスだったりする。
本書におさめられている短編も、「なるほどね」と思わせるミステリー小説の佳作ばかり。
それでいてガチガチの本格にならず、物語としての面白さも加わっている所が倉知淳の好きな所。

ちょっと時間が空いた時や、電車の中で読むには最適。
あと、「ねこちやん」好きにもおすすめ。
もう「ネコが可愛くて仕方がない」感満点です。

なぎなた (倉知淳作品集)

倉知 淳 東京創元社 2010-09-29
売り上げランキング : 104151


by ヨメレバ

倉知淳は本当に寡作で、いったいどうやって生活しているんだ?と思うほど。
いったいどうやって生計を立てているのだろう?

◆他サイトの感想◆
ミステリ通信 創刊号

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

白銀ジャック/東野圭吾

◆読んだ本◆
・書名:白銀ジャック
・著者:東野圭吾
・定価:648円
・出版社:実業之日本社文庫
・発行日:2010/10/15

◆おすすめ度◆
・アクションミステリー小説度:★★
・犯人との攻防戦度:★★★
・ハラハラドキドキ度:★★★

◆感想◆
「…我々は遠隔操作によって、いつどこからでもタイマーを作動させることができる。爆発物の規模については想像に任せる…」
多くの客で賑わうスキー場に、身代金溶融の脅迫状が送られてくる。犯人の動機は? どうやって身代金を奪取するのか? なハラハラドキドキサスペンス。

過去に起きた不幸な事故。
ゲレンデを滑走するやんちゃなスノーボーダー。
犯人とスキー場の管理者たちとのスリリングな駆け引き。
そんなこんなで、盛り上がるサスペンス+ミステリー小説。

でもちょっと手抜き気味?
東野圭吾の新刊が「いきなり文庫」で登場するってのはちょっと驚きだけど、読み終わるとそれも納得な感じ。
手抜きとは思わないけど「これくらいなら片手間で書けまっせ」みたいに受け取られそうだ。

スキーやスノーボードでの滑空感や臨場感はさすがだし、ラストにはハラハラドキドキな盛り上がりや「何だこりゃ?」なロマンスもおまけでついてるし、固いこと言わずに楽しんだが勝ち。

白銀ジャック (実業之日本社文庫)

東野 圭吾 実業之日本社 2010-10-05
売り上げランキング : 40

おすすめ平均 starAve
star1企画に共感はするが。。
star2「いきなり文庫!」は いい企画
star3さすが東野圭吾!
star4ミステリーのお手本

by ヨメレバ

今は何がうれてるのかなあ?と、アマゾンでベストセラー本をぼんやり見る。
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」は相変わらず売れてるなあ。
これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学」は、けっこう面白かったな。NHKの放送も見ちゃったし。
谷村奈南写真集 『 奈南 』」? 最近の若い娘は、顔も名前も覚えられない。シクシク。
星を継ぐもの (創元SF文庫)」?! なんで今売れてる? SF小説の傑作には違いないけど、映画にでもなるのか?

売れている本を眺めてるだけでも、なんだか世の中が見えてくるようだ。
見えてくる気がするだけだけど。

◆他サイトの感想◆
一日一読
とりあえずBLOG
一日一冊のブックレビューBlog

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

セカンド・ラブ/乾くるみ

◆読んだ本◆
・書名:セカンド・ラブ
・著者:乾くるみ
・定価:1,429円
・出版社:文芸春秋
・発行日:2010/9/30

◆おすすめ度◆
・イニシエーション・ラブ(おおっ!)度:★★★★
・三角関係(四角関係?)度:★★★★
・童貞男の執念(怨念かおんねん)度:★★★★

◆感想◆
職場の先輩紀藤からスキーに誘われた正明はしぶしぶといった体で承知するが、一緒に行く春香を目にしたときその美しさに目を奪われてしまう・・・

イニシエーション・ラブ」の衝撃、ふたたび のうたい文句なセカンド・ラブ。
乾くるみのミステリーは、いつもこんな風なキャッチコピーが付いてくる。
そうするとどうしたって「どっかに怪しい伏線とかあるがずだよな」と、重箱の隅を突くような読み方になっちゃう。
本書を読んでいても「赤電話? 怪しいぞ」「黒子? どうなんだ?」と、そっちの方ばっかり気になって。
それでもまんまと騙されちゃうのは、著者の方が一枚上手。上手な人と麻雀やってるときに、1巡先に上がられるみたいな?

そんなどんでん返しな仕掛けもうまいけど、これに美奈子の必然性をもっと書き加えてくれたら、さらに面白いミステリー小説になったかも。

それにしても春香と美奈子、ステキすぎる。
女性経験のない主人公正明が、二人に夢中になるのはしょうがないってもんだ。
「怨念がおんねん」なラストも納得?

セカンド・ラブ

乾 くるみ 文藝春秋 2010-09
売り上げランキング : 9381

おすすめ平均 starAve
star1確かに衝撃的
star2インパクトは最凶

by ヨメレバ

前作「スリープ」を読んだとき「これはうまい!騙されない方が無理っ」って思ったけど、どうやらSF好きな読者にはそんなに驚愕するほどの仕掛けではなかったようで。
本書もミステリ小説好きな読者には、驚くほどのモノではないのか?

◆他サイトの感想◆
ミステリっぽい本とプログレっぽい音樂
ミステリあれやこれや
たかゆきブログ Vol.3.0 ―ミステリー書評編―

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

マリアビートル/伊坂幸太郎

◆読んだ本◆
・書名:マリアビートル
・著者:伊坂幸太郎
・定価:1,600円
・出版社:角川書店
・発行日:2010/9/24

◆おすすめ度◆
・殺るか殺られるかの密室劇度:★★
・新幹線の中は殺し屋でいっぱい度:★★
・これは喜劇だね度:★★

◆感想◆
殺し屋たちを乗せた東北新幹線。いくつかの事件が同時進行しながら、しだいに収束していく密室劇。

本書もドンドコ売れてるという、売れっ子作家伊坂幸太郎の最新作。
東北新幹線の中で起きる、殺し屋たちの殺るか殺られるか/相手を出し抜いていかに助かるかの心理&密室劇。

なんだか漫画のような展開でちょっと馴染めない感じ。
同時多発的に事件が起きるたりまるで予定調和な展開は、読者を翻弄するだけのような気も。
「もう面白くって、爽快で、ワクワクドキドキで、読みはじめたら止められません」な感想が溢れているけど、そう言われると余計につまらなく思えてくる。
偏屈なのね。

これは小説というより喜劇ですね。
芝居として舞台装置や役者の演技があって、はじめて完成する作品。
心理描写や仕掛けや言動が、ありきたりな誇張や突拍子もない脚色にあふれているけど、そのへんを役者がうまく演じれば面白い芝居になりそう。


売れっ子作家のベストセラーをこんな風にけなす?と、みんなの反感買いそう。
でもまあ、全員が面白いと思うような本はないし、「大トロのにぎり寿司が大嫌い!」っていう人もいるわけで。
笑って許してやって下され m(_ _)m

マリアビートル

伊坂 幸太郎 角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-09-23
売り上げランキング : 80

おすすめ平均 starAve
star1最高傑作!!!!
star2おかえり、伊坂節。
star3物騒なのに爽快!
star4よかったです
star5つきなみだけど

by ヨメレバ

同じようなシチュエーションで、車内の登場人物たちに起きる同時多発的事件をあつかった小説?に井上夢人の『99人の最終電車』っていうのがあったなあ。
いつになったらDVD-ROM版が出るのか楽しみにしていたけど、今のままでもものすごく楽しめる。
無料だし。

◆他サイトの感想◆
事務職員へのこの1冊
いつも読書人
棒日記VI
MOONGLOW

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

FC2Ad