だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

完全なる首長竜の日/乾緑郎

◆読んだ本◆
・書名:完全なる首長竜の日
・著者:乾緑郎
・定価:1,400円
・出版社:宝島社
・発行日:2011/1/22

◆おすすめ度◆
・サスペンスミステリー小説度:★★★
・静謐な筆致度:★★★
・混ざりあう夢と現実度:★★★

◆感想◆
自殺未遂により昏睡状態にある弟と、コーマワークで意思疎通をはかる姉。しだいに現実と夢とが混在するような感覚に襲われるようになり・・・

「第9回このミステリーがすごい!大賞」の大賞受賞作。

主人公はマンガ家の淳美。
淳美が昏睡状態にある弟とリアルな夢のように意志疎通をはかるシーンと、子供の頃のフワフワとした記憶と、漫画マンガ家として働いてる淳美のリアルな日常が交互に描写される。
しかし、しだいに夢のようなコーマワークと現実と思い出が混ざりあってしまい、それがびっくりな展開に繋がるというミステリー。

あまり抑揚のない静かなタッチの描写が特徴的。
ミステリー小説の体裁でけど、エンターテイメントというより文学的な雰囲気の方が勝っているかも。
夢と現実がしだいに混ざりあうような描写もうまい。

しかし一番興味を惹かれたのは、昏睡状態の人と意思疎通をはかる「コーマワーク」という技術。
小説ではリアルな夢のように描写されているけど、実際にはそこまでのコミュニケーションはできないような。
このコーマワークを題材にしたことが、本書のポイント。
なるほどねえ。

完全なる首長竜の日

乾 緑郎 宝島社 2011-01-08
売り上げランキング : 806
by ヨメレバ

何が恐いって、病気や事故で寝たきりになって誰とも意志の疎通ができなくなる閉じ込め症候群が一番恐い。
正確には、閉じ込め症候群では眼球運動は維持されており、眼開閉により意思疎通が可能であるとのことだが、眼も動かなくなったらどうする?!

意識はちゃんとしているのに外界とのコミュニケーションがとれないなんて、考えるだに恐ろしい。

でも「コーマワーク」という技術が進歩すれば、そんな不安も解消?。

◆他サイトの感想など◆
本と日々のいろいろ
ミステリ通信 創刊号
『このミステリーがすごい!』大賞/推薦コメント/宝島社

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

あの頃の誰か/東野圭吾

◆読んだ本◆
・書名:あの頃の誰か
・著者:東野圭吾
・定価:590円
・出版社:光文社文庫
・発行日:2011/1/20

◆おすすめ度◆
・びっくりミステリー小説度:★★
・あらすじと読んでるみたいな度:★★
・一昔前の習作度:★★

◆感想◆
20年くらい前に雑誌等に発表されながら、どの短編集にも収録されなかったものを集めた短編集。

発表されてからだいぶ時間か経過して言い回しとかが古くなってるし、現在の売れっ子な著者にしてみればまるで習作だし。
特に「秘密」(東野圭吾のベスト作!)の原型となった「さよならお『父さん』」なんて、「秘密」のあらすじを読まされてるみたいでガッカリな感じ。

まあ文庫だから安いし、いいかな。
「著者の昔の作品を振り返る」みたいな企画ものってところです。

あの頃の誰か (光文社文庫 ひ 6-12)

東野 圭吾 光文社 2011-01-12
売り上げランキング : 18
by ヨメレバ

本書の最後の方に注意書きが。

本書の電子化は私的使用に限り、著作権法上認められています。ただし購入者以外の第三者による電子データ化及び電子書籍化は、いかなる場合も認められておりません。

自分で書物などを電子化する「自炊」への対応?
電子化した本を販売する業者も出てきてるし、いろいろ大変だ。

◆他サイトの感想◆
Aldebaran -a royal star-

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

ゴーストハント2 人形の檻/小野不由美

◆読んだ本◆
・書名:ゴーストハント2 人形の檻
・著者:小野不由美
・定価:1.300円
・出版社:メディアファクトリー
・発行日:2011/1/14

◆おすすめ度◆
・ライトノベルなホラー小説度:★★★
・科学的な解決/超常的な解決度:★★★
・映像化できたらとっても恐そう度:★★★

◆感想◆
旧い洋館に発生するポルターガイスト現象を調査するために赴いた渋谷サイキックリサーチの面々は、かつて経験したことのないような強烈な現象を目の当たりにするが…

「悪霊シリーズ」を大幅改稿した「ゴーストハントシリーズ」の第2弾は、旧い洋館に住まう悪霊退治。(悪霊でいいのか?)

前作「ゴーストハント1 旧校舎怪談」と同様の登場人物で、超常現象をハイテクで解決しようとする展開と、除霊やら清霊やら悪魔払いやらで解決しようとする展開が渾然一体となったホラーな物語に。

本当にあった超常現象や用語へのこだわりなどに著者の意気込みを感じるが、本書の白眉はゾゾッとするような恐ーい描写にあり。
お金をかけて3Dの映像化をしたら、あっちこっちが縮み上がるような恐いシーンになりそうな。

シリーズ全体の展開に繋がりそうな「ナル」に似た人や、少女小説な恋模様もチラッとのぞかせたりして、次作「ゴーストハント3 乙女ノ祈リ」が待ち遠しい感じ?

ゴーストハント2  (人形の檻)

小野不由美 メディアファクトリー 2011-01-12
売り上げランキング : 37
by ヨメレバ

整いました!
「ゴーストハント2 人形の檻」とかけまして「冷蔵庫の奥の方」と解きます。
その心は
旧い洋館(羊羹)が出てきます。

失礼しました!

◆他サイトの感想◆
藍麦のああなんだかなぁ
腐女子の読書記録。

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

フルメタル・パニック!/賀東招二

◆読んだ本◆
・書名:フルメタル・パニック! 1~12
・著者:賀東招二
・定価:全12巻 6,640円
・出版社:富士見ファンタジア文庫
・発行日:1998/9/25~2010/8/25

◆おすすめ度◆
・ハラハラ戦闘アクション度:★★★★★
・ドキドキ冒険小説度:★★★★★
・ワクワクSF度:★★★★
・胸キュンボーイ・ミーツ・ガール度:★★★★

◆感想◆
テロ防止のために最強の武力を保有する武装集団「ミスリル」。そこに所属する相良軍曹は、都立高校に通う千鳥かなめを密かに護衛する任務にあたるが・・・

これは面白い!
一見、軌道戦士ガンダム風な人型機動兵器による戦闘ライトノベルなんだけど、それだけじゃ終わらない。
「ミスリル」という武装集団とテロ組織の戦いをアクションいっぱいに描きながら、そこで戦う兵士達の冒険小説な血湧き肉踊る描写をし、先進的な兵器や特異な能力を持つ人たちのSFな設定と展開も交えて、さらにプラトニックな胸キュンの物語にもしてしまうという欲張りな小説。

ライトノベルを読んでいる方にはファンも多い「フルメタル・パニック!」だけど、自分が知ったのは「このミステリーがすごい! 2011年版」の霜月蒼氏のコメント。
「冒険小説ファン必読。読めばマクリーンやライアルの感動を味わえますぜ」という評にほだされて全12巻を大人買いしてしまったんだけど、これがコメント通りだからタマラナイ。

ハラハラドキドキほろっとワッハハなんである。
読み出したら止められないけど、読み終わるのがもったいない。

ライトノベルだからといって敬遠するなかれ。
冒険小説やSFが好きな方には絶対おすすめ。
読み終わって晴れ晴れと「あー面白かった!」と言える小説だ。

戦うボーイ・ミーツ・ガール―フルメタル・パニック! (富士見ファンタジア文庫)

賀東 招二 富士見書房 1998-09
売り上げランキング : 9428
by ヨメレバ

ライトノベルといえば、「イリヤの空、UFOの夏」とか「空の境界(上)」や「戯言シリーズ」などを読んだけど、いまいち馴染めなくて敬遠ぎみなジャンル。
自分はライトノベルを読む年齢層でもないし、共感できないのかと思っていたけど、そうじゃない。
ライトノベルだから馴染めないんじゃなくて、著者(小説)との相性なんだなと。

そこで「灼眼のシャナ」「ミミズクと夜の王」「キノの旅」なんていう人気があって自分と相性の良さそうなのを選んで、「ライトノベルでお正月」を展開中なんである。

◆他サイトの感想◆
一押しラノベ
フルメタル・パニック!/Wikipedia


テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

FC2Ad