だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

禁断の魔術 ガリレオ8/東野圭吾

◆読んだ本◆
・書名:禁断の魔術 ガリレオ8
・著者:東野圭吾
・定価:1,400円
・出版社:文芸春秋
・発行日:2012/10/15

◆おすすめ度◆
・技術系ミステリー短編小説度:★★★★
・ちょっといい話な落ち度:★★★★
・湯川がかっこいい度:★★★

◆感想◆
天才物理学者の湯川が、事件をスパッと解決するガリレオシリーズの最新刊。
「透視す」「曲球る」「念波る」「猛射つ」の4編を収録。

超能力や超常現象をテーマにしたようなタイトルが並ぶが、中身は技術系。
つかみは超能力系でOK、みたいな。

一見無関係な二つの事件を、無駄なくスムーズに癒合させる展開も読みどころ。
「ちょっといい話じゃん」と思わせる落ちもステキだ。

それにしも湯川のキャラクターがどんどんかっこ良くなってるぞ。
科学者らしい裏付けのある推理と、骨太の信念も基づいた行動。
つっけんどんでクールなようでいて、人の心を大切にする湯川。
女にモテそう。
ドラマ化されてから、湯川のキャラがより明確に二枚目系になってる気がする。

本書「禁断の魔術 ガリレオ8」発売前に文芸春秋では「タイトル読み方当てクイズ」をやっていたんだけど(全然当たらなかった)、今度は感想募集の企画が。
抽選で記念品がもらえるらしい。

◆関連記事◆
東野圭吾『禁断の魔術 ガリレオ8』/文藝春秋 特設サイト
『禁断の魔術 ガリレオ8』(東野圭吾 著)/本の話WEB
「禁断の魔術 ガリレオ8」東野圭吾/雨降りだからミステリでも読もう・・・

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

ソロモンの偽証 第I部 事件,第II部 決意,第III部 法廷/宮部みゆき

◆読んだ本◆
・書名:ソロモンの偽証 第I部 事件,第II部 決意,第III部 法廷
・著者:宮部みゆき
・定価:第I部 1,800円 第II部 1,800円 第III部 1,800円
・出版社:新潮社
・発行日:第I部 2012/8/25 第II部 2012/9/20 第III部 2012/10/10

◆おすすめ度◆
・中学校を舞台にした法廷ミステリー小説度:★★★★★
・いったい真相はなんなんだ?!度:★★★★
・登場人物の描写がずば抜けてる度:★★★★★
・枝葉まできっちり度:★★★★

◆感想◆
クリスマスの朝、中学校の校舎から墜落死した男子中学生が発見される。警察の操作では「自殺」ということになったが、匿名の告発状や不良グループとの喧嘩があったことから殺され手のではないかという噂が広がり…

宮部みゆきの五年ぶりの現代ミステリー小説。
中学校内での複雑な人間関係、次々と起きる墜落死にまつわる不可解な事件、いったい何が真相なのか、読み始めたら止められないミステリー小説。
寝るのを忘れる面白さだ。

何が面白いかって、読者を飽きさせない展開の妙や張り巡らせた思わせぶりな伏線もさることながら、すべての登場人物がそれはもう実在しているかのように生きているところがすばらしい。
優等生だったり不良だったり目立たなかったりする中学生をはじめ、先生や警察官やテレビ記者、はてはちょい役のおじさんから野良犬(登場しない?)まで、すべての人に人生がある。それを枝葉まできちんと描ききっている重厚感。
分厚い本が3冊になってしまうのもうなずける。

さらにこの事件がどのように決着するのかも予断を許さない。
ミステリーとしてのナゾはやや弱いものの、同級生が墜落死するという「事件」が起きて、それを自分たちで真相をつかもうと「決意」し、生徒たち自らが弁護士役,検事役,判事役,陪審員役を決めて学内で「法廷」を開き真相をつかもうとするドラマが読み応え十分だしスリリング。

最後までのんびり読むことのできないシリアスな展開。

「こんなに賢い中学生がいるのか?」という設定への疑問が、ずーっと頭の片隅にあったけれども、これはどうしても多感で自意識過剰で不安定な心をもつ14歳の中学生が主役でなければならない物語だったんだなあ。

昔はセブンティーンというのが多感な青春時代を代表する年齢だったように思うが、今はフォーティーンなんだなあ。
いろんなコトが低年齢化して、寿命はどんどん延びて。
15歳を志学、30歳を而立、40歳を不惑、50歳を知命、 60歳を耳順、70歳を従心と呼ぶけど、もっと年齢を切り上げないといけないかもしれない。
あるいは一度の人生で二回りするのかも。

◆関連記事◆
宮部みゆきさん新作「ソロモンの偽証」/ニュース 本よみうり堂 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
宮部みゆき『ソロモンの偽証』〈全三冊〉/新潮社
『ソロモンの偽証』 宮部みゆき/朴念仁と居候

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

魔法使いは完全犯罪の夢を見るか?/東川篤哉

◆読んだ本◆
・書名:魔法使いは完全犯罪の夢を見るか?
・著者:東川篤哉
・定価:1,400円
・出版社:文芸春秋
・発行日:2012/9/30

◆おすすめ度◆
・本格ミステリー小説度:★★★
・大笑いの魔法使い少女度:★★★★
・八王子在住のミステリーファンは必読度:★★★

◆感想◆
Sな美人刑事とMでどんくさそうな刑事と魔法を操る少女!が主役の、コメディタッチのミステリー連作短編集。

「魔法を操る少女」なんて、魔法で犯罪をおかしたり犯人を突き止めたりしたら、迷宮入りかあっという間に解決かのどっちかじゃん!?
なんて思いながら読み始めるも、魔法使い少女はミステリーの謎解きを邪魔することなくコミカルさを演出。
めんどっちい捜査の過程も省いちゃう役目や特異な役所も用意されてて、ちょっとユニーク。

ミステリーとしてはびっくり仰天な展開はないものの真っ当な内容。
刑事のコンビや、東京の八王子を物語の舞台にしたりして、「謎解きはディナーのあとで」を連想させるような作りだ。

著者のユーモアに共感できる方は、出だしの魔法少女の台詞に爆笑必至。
ここだけで500円くらい払ってもいいかも。

本書は新シリーズの一作目。
バカ売れしなくていいから、ひっそりと、それでいてマニアックに笑らすシリーズになって欲しい。
あまりにも売れると、読む方もあたふたしちゃって落ち着いて読めないんだよね。

◆関連記事◆
東川篤哉『魔法使いは完全犯罪の夢をみるか?』 特設サイト/文芸春秋 本の話WEB
「魔法使いは完全犯罪の夢を見るか?」東川篤哉/雨降りだからミステリでも読もう・・・

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

はぶらし/近藤史恵

◆読んだ本◆
・書名:はぶらし
・著者:近藤史恵
・定価:1,500円
・出版社:幻冬社
・発行日:2012/9/25

◆おすすめ度◆
・ちょっと怖いサスペンス小説度:★★
・男には描けない女性心理度:★★★
・むずむずもどかしくなる度:★★

◆感想◆
一人暮らしをしている脚本家の鈴音。高校時代の友人・水絵から突然「相談したいことがある」と連絡を受けるが…

リストラされ、旦那とも別れてしまい、子供と二人で途方に暮れている水絵。彼女は一週間だけでいいからた水絵の家に泊めて欲しいという。
しかし一緒に暮らし始めると、常識とわずかに異なる水絵の行動や言動が気になり始めるという展開。

そりゃ気になります。
新しいのを買ってきたからといって、貸した歯ブラシを、しかも1回使ったものを返されたらドン引きです。
もうその時点で蹴飛ばしてい追い出してやればいいものを、気のいい鈴音は相手を思いやって親切にしてしまう。

これはミステリー小説というより、不可解で不条理な女性心理をサスペンスタッチで描いた、困ったちゃん小説ですね。
女性心理には興味ありますが、こんなねちねちとした描写はあんまり自分好みではなく残念。
読んでいてむずむずともどかしく、「もっとダイナミックでドバーッとした展開にして!」と、叫びたくなる思いでした。

ねちっこい性格のへんてこな女性に興味がある方は是非。

本当に困って居候するなら愛想良く、悪意をもってそうするならさっさと悪事を働くのが普通の男の考えること。
女性だとそうならないところが不可解で不条理ですね。

◆関連記事◆
近藤史恵『はぶらし』特設サイト/Webマガジン幻冬舎

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

機龍警察 暗黒市場/月村了衛

◆読んだ本◆
・書名:機龍警察 暗黒市場
・著者:月村了衛
・定価:1,900円
・出版社:早川書房
・発行日:2012/9/25

◆おすすめ度◆
・ハードボイルド警察小説度:★★★★★
・手に汗握るパワードスーツ型ロボットアクション小説度:★★★★
・浄化する過去のしがらみ度:★★★★★

◆感想◆
冒険小説ファンの魂を揺さぶる機龍警察シリーズの第3巻。
前作「機龍警察 自爆条項」では、女テロリストにしてスナイパーのイライザが主人公だったが、本書は、真っ当な警官でありたいと願いながらも複雑な過去の呪縛にとらわれ苦悩する元ロシア警官のユーリ・オズノフ警部が主人公。

事件が起き、ユーリの過去が語られ、物語の山を迎えるという構成は前作と同様だが、序盤からラストまで途切れない緊張感がハードボイルド。
ユーリ・オズノフの過去のパートだけで1本の中編警察小説になりそうな密度だ。
変革するロシアで暗躍するマフィア、腐った警察組織、その中で矜持をもって事件に立ち向かおうとする警官ユーリ・オズノフ。
そして裏切り。
その構図が現在の事件へと引き継がれる展開も見事。

特に後半の展開が素晴らしい。
ここが物語のクライマックスかと思ったら、さらに、またさらに手に汗握るシーンの連続。
ユーリの過去と現在の事件が複雑にリンクし、さらに日本の警視庁内部の構図とも相似させるシニカルさ。
すべてが渾然一体となった大盛り上がりのアクションシーンを経て、過去の呪縛から解き放たれるユーリに、前作のラストシーンのような浄化作用を感じる。

ちょっと作り過ぎの感じもあるけど、それを強引に納得させる説得力もある。

3人の機龍兵搭乗員のうち、「機龍警察 自爆条項」でライザ・ラードナーを、本書「機龍警察 暗黒市場」でユーリ・オズノフを主人公にしたからには、次作では3人目の機龍兵搭乗員・姿俊之が主人公で決まり?
コーヒー好きの理由が明かされそうで、それも楽しみ。

ユーリ・オズノフに感情移入すると、顔を歪めながら自分の掌を握ってしまう。

◆関連記事◆
『機龍警察 暗黒市場』 月村了衛 > 「このミス」完全読破 No.586/朴念仁と居候
機龍警察 自爆条項/月村了衛/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

FC2Ad