だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

雀蜂/貴志祐介

◆読んだ本◆
・書名:雀蜂
・著者:貴志祐介
・定価:520円
・出版社:角川ホラー文庫
・発行日:2013/10/25

◆おすすめ度◆
・サバイバル冒険小説度:★★★★
・雪山山荘ホラー度:★★★★
・「雀蜂」を自分の一番嫌いな生き物に代えて読むとなお怖い度:★★★★

◆感想◆
雪に閉ざされた別荘で目覚めた小説家の安斎。ふと目覚めるとスズメバチが部屋にいることを発見する。ハチ毒アレルギーのある安斎は、ぎょっとするが…

雪に閉ざされた山荘という狭い舞台で、アナフィラキシーショックに怯えながらスズメバチと戦うというユニークなサバイバル小説。
山奥や荒海だけがサバイバル小説の舞台じゃない! 自分の別荘だってサバイバル小説の舞台になる! という面白さ。
様々な工夫やアイデアを駆使してスズメバチと戦う姿は、まましくサバイバルで冒険小説風。

「スズメバチはあんまり怖くない」という方は、自分の一番嫌いな生き物に代えて読むとよろしいかと。
(自分は、嫌いなゴキブリに代えて物語を想像したら、悪夢をみました。)

さらにミステリー小説の味付けもあって、結末も予想外です。

子供の頃にスズメバチに指を刺されたことがあって、それはもう指が3倍の太さになるくらいはれちゃって大変だった記憶が。
それでも、今考えるとハチ毒アレルギーの症状はなかったから、もう一度スズメバチに刺されてもアナフィラキシーショックは起こさないだろうと思う。
ちょっと安心。

◆関連記事◆
貴志祐介さん『雀蜂』 人間VSスズメバチ 壮絶な頭脳戦/MSN産経ニュース
貴志祐介文庫書き下ろし『雀蜂』テレビCM+公式PV/YouTube
『雀蜂』 貴志祐介 > 「このミス」完全読破 No.698/朴念仁と居候

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

FC2Ad