だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

天冥の標VIII ジャイアント・アーク PART1,PART2/小川一水

◆読んだ本◆
・書名:天冥の標VIII ジャイアント・アーク PART1,PART2
・著者:小川一水
・定価:PART1 720円 PART2 740円
・出版社:ハヤカワ文庫
・発行日:PART1 2014/5/25 PART2 2014/12/25

◆おすすめ度◆
・第1巻がよくわかるPART1度:★★★★★
・冒険小説のようなドキドキのPART2度:★★★★★
・これからの予想外の展開を期待しちゃう度:★★★★

◆感想◆
第1巻「メニー・メニー・シープ」で描かれた物語を別角度から再描画するPART1。そしてさらに物語の先を描き始めるPART2。天冥の標もいよいよクライマックス。

アマゾンのレビューに第1巻を再読しておいた方がいいという旨のコメントがあって、それに従い「メニー・メニー・シープ」を読みなおすと超ビックリ。
何がなんだかさっぱりだった第1巻が、それはもう物語のエッセンスの詰まった物語に変貌。
第1巻の内容をよく覚えていない自分にもびっくりだけど、「天冥の標VIII ジャイアント・アーク」を読み終わってみれば、冥王斑パンデミックで始まった物語がとてつもない紆余曲折を経て「救世群」対「未染者」の物語に集約しつつあるようにも見える。

第1巻で描かれた物語に、第2巻から第7巻までの物語を収束させつつ、さらにその先の展開を伺わせる本書。
「なるほどそうか!」と感嘆しつつ「わくわくドキドキ!」しながら読み進めるのも魅力だが、指をふやかして次巻を待つのが「天冥の標」シリーズの最大の楽しみだったりもする。

◆関連記事◆
よくわかる!?「天冥の標VII」の世界。(ネタバレ注意です)
よくわかる!?「天冥の標VIII」の世界。(ネタバレ注意です)

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

FC2Ad