だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

丕緒の鳥 十二国記/小野不由美

◆読んだ本◆
・書名:丕緒の鳥 十二国記
・著者:小野不由美
・定価:590円
・出版社:新潮文庫
・発行日:2013/7/1

◆おすすめ度◆
・待ちに待った十二国記の新作短編集度:★★★★★
・世界と対峙する生き方とは度:★★★★
・それは自分にできることを懸命に行うということ度:★★★★

◆感想◆
雑誌に掲載された「丕緒の鳥」「落照の獄」に、書き下ろしの「青条の蘭」「風信」をくわえた短編集。
王が登場する長編とは趣が異なり、市井の人々が厳しい環境や境遇の中、必死に生きようとする姿を描く異世界ファンタジー。

十二国記のシリーズは、ファンタジックで奥の深い舞台設定や、現在の様々な社会問題をも取り込んだ物語としての面白さもさることながら、主人公たちの苦労し、悩み、考え、決断し行動する気概に、いたく心を動かされる。

本書には王こそほとんど登場しない短編のため、長編にあるようなダイナミックな展開は用意されていない。
しかし、荒れた世界で暮らす市井の人々が、堅実に懸命に生きる姿を静謐に描写。
静かに、そして力強い物語となっている。

特に「青条の蘭」と「風信」は、自然の描写がすばらしい。
「里木」や「熊蜂」「燕」を描き出したのシーンで、何故か目頭が熱くなるのは、著者が年齢を重ねて作風が変化したせいなのか、それとも自分が年を取ったせいなのか。

◆関連記事◆
落照の獄 十二国記/小野不由美/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

残穢/小野不由美

◆読んだ本◆
・書名:残穢
・著者:小野不由美
・定価:1,600円
・出版社:新潮社
・発行日:2012/7/20

◆おすすめ度◆
・背筋ゾクゾクなホラー小説度:★★★★★
・鳥肌もののドキュメンタリー度:★★★★
・私はこれを読んで下痢になりました度:★★★★★

◆感想◆
ホラー作家である主人公の女性に、ファンの女性から一通の手紙が来る。その手紙は、女性のマンションの部屋で、畳をほうきで掃くような怪音がするというものだった…

誰が読んでも主人公の女性は著者本人で、特定の人名や場所をのぞいては、実名で物語が進行するというドキュメンタリータッチ(あえて)のホラー小説。
これがもう背筋ゾクゾク、鳥肌立ちまくりの怖さだ。

女性の部屋でする怪音を調べるうち、同じマンション内で怪異な出来事が起きていることがわかり、さらに調べを進めると、それは時代をどんどん遡って拡大連鎖し、そして収斂していく。

怪異な出来事の原因を調べる様子は、事件の謎を解明しようとするミステリー小説を読んでいるようで、ぐいぐい引き込まれる。
現実主義を自認する主人公が怪異な出来事を考察する様は、「ゴーストハント」のロジカルでアカデミックな語りの部分と似て(ハイテクマシンや霊能者は出てきませんが)とってもリアル。

「ドキュメンタリー」と銘打つのも納得なんだけれども、本当にドキュメンタリーだったら怖すぎるっ。
ドキュメンタリータッチのホラー小説ということにしてください。

最後の方は背筋がゾクゾクして鳥肌立ちまくり。
おまけに下痢までしちゃいました。
恐るべし、「残穢」の伝染力(?)

同時期に刊行された「鬼談百景」の都市伝説っぽい怪談話のいくつかが、本書の中で実話?として関連づけられていたりして。
でもなんだか「鬼談百景」の怪談話の全部が、本書のメインとなる怪異に繋がっているようで。
改めて「鬼談百景」を再読しようかと思ったけど、すぐ読むにはヘビーすぎるからやめとこうと思います。

◆関連記事◆
小野不由美 『残穢』/AKASHIC NOTE
鬼談百景/小野不由美/サイト内
ゴーストハントシリーズ/小野不由美/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

鬼談百景/小野不由美

◆読んだ本◆
・書名:鬼談百景
・著者:小野不由美
・定価:1,600円
・出版社:メディアファクトリー
・発行日:2012/7/24

◆おすすめ度◆
・ホラー短編小説度:★★★
・99話も読むと金縛りにあいそう度:★★★
・中でも「お気に入り」が超怖い度:★★★★

◆感想◆
現代版百物語。

一話一話は、どっかで聴いたことがあるような怪談話だけれど、さすがにこれだけの数を読まされると、なんだか金縛りに合いそうで怖くなる。
妙に力まない淡々とした文章も効果的。

それにしてもよく99話も書いたものだ。
どうやってネタを集めたんだろう?
読んでいる方より掻いている方がよっぽど怖かったに違いない。

なかでも怖かったのは帯にもチラッと紹介されている「お気に入り」
お化けも幽霊も出てこないし、スプラッターなシーンも驚かすような描写もないのにこの怖さ。
あるいはそんなシーンがないから怖いのか。
子供が空中を見つめたら,そっちは見ないようにしようと思う。

本書は同時に刊行された「残穢」と関連があるらしいのだが、どう繋がるのか期待大だ。

怪談話を100話語り終えると、本物の怪異が起こるらしい。
だから本書におさめられている短編も99話ということなのだろう。

勉強や仕事ができるようになる話しを100話語ったり、彼女ができる話しや楽して生きて行く方法なんかを100話語ったら、どうにかうまいことになならないだろうか。

◆関連記事◆
残穢/小野不由美/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

ゴーストハント7 扉を開けて/小野不由美

◆読んだ本◆
・書名:ゴーストハント7 扉を開けて
・著者:小野不由美
・定価:1,400円
・出版社:メディアファクトリー
・発行日:2011/11/18

◆おすすめ度◆
・ホラー小説度:★★★
・スリーズ最終巻のカタルシス度:★★★
・全巻が入る専用ボックス&冊子は欲しいかも度:★★★

◆感想◆
能登半島から東京へ帰る途中のSPR一行は、道に迷ってダム湖近くのキャンプ場に迷い着く。が、そこでナルは立ちすくんでしまう…

2ヶ月ピッチで順次刊行されてきたゴーストハントも本書7巻目で完結。
例のごとく「ゴーストハント」な事件が展開される一方、ナルやリンの秘密が明らかにされ、シリーズ全体を通してのナゾも分っちゃうという展開。

霊に対しての蘊蓄、霊によるSPRメンバーたちへの恐怖の攻撃、不幸な事件と霊の関わり、なんかを描きながらの大団円。

7巻で起きる事件は、シリーズ全体を通してのナゾに絡んでくるだろうなあ、なんて思っていたけどそうでもなくて。
巻を追うごとに主人公・麻衣のおバカキャラが強烈になっていくようで。
含みを持たせるようなラストも胸キュン&期待あげ?
今更ながら「少女小説だったんだ」と思った次第です。

なんだか「お疲れさま」って感じです。(著者に対しても?)

ゴーストハント 7 扉を開けて (幽BOOKS)

小野不由美 メディアファクトリー 2011-11-18
売り上げランキング : 84
by ヨメレバ

ゴーストハントシリーズ全巻を購入して帯の応募券を送った人全員に「専用ボックス&冊子」がもらえる!
ちょっと欲しいかも。
でも応募券を送るの面倒かも。
それより本棚買って、雑多な本を整理した方がいいかも。

◆関連記事◆
「ゴーストハント (7) 扉を開けて」小野 不由美★★★★☆/藍麦のああなんだかなぁ
ゴーストハント7 扉を開けて/ほん読みブログ
ゴーストハント 7 扉を開けて/まあいいか。
ゴーストハント特設サイト/WEB 幽
ゴーストハント6 鮮血の迷宮/小野不由美/サイト内
ゴーストハント5 鮮血の迷宮/小野不由美/サイト内
ゴーストハント4 死霊遊戯/小野不由美/サイト内
ゴーストハント2 人形の檻/小野不由美/サイト内
ゴーストハント1 旧校舎怪談/小野不由美/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

ゴーストハント6 海からくるもの/小野不由美

◆読んだ本◆
・書名:ゴーストハント6 海からくるもの
・著者:小野不由美
・定価:1,400円
・出版社:メディアファクトリー
・発行日:2011/9/22

◆おすすめ度◆
・ホラー小説度:★★★
・呪われた一族に襲いかかる不幸度:★★★
・麻衣小活躍/綾子大活躍/かめはめ波でナル超活躍度:★★★

◆感想◆
渋谷サイキックリサーチを尋ねて来た男性は「ただの病気だとは思えないので」といいながら、つれて来た女の子の首の包帯を解きはじめた・・・

のっけからホラーなコーストハントシリーズ第6弾は、日本海を臨む能登半島で料亭を営む旧家が舞台。
昔から代替わりする時に多くの人死にが出たという呪われた一家で、また悲惨な事件が起きようとしている・・・!

過去の出来事や家系、土地柄を調査しつつ、様々な現実の不思な議事件や神仏に関する蘊蓄を絡めて物語は展開。いつものパターンですね。
そして呪いの原因なんかが分かりかけたところで、霊的存在とのゴーストハントな対決が始まる。

今回はシリーズの主役でもあるお茶目な麻衣ちゃんも活躍。
九字を切ったりして、オバケをやっつけたり。
それにも増して大活躍なのが、巫女の綾子。
榊の枝を振るだけで、ひょいひょいと霊を祓う本領発揮。
それでも最後はナルが登場し、かめはめ波な大団円。

ナルの持つ能力が明かされたところで、次はいよいよゴーストハントシリーズの最終巻だ。

ゴーストハント6 海からくるもの (幽ブックス)

小野不由美 メディアファクトリー 2011-09-22
売り上げランキング : 109
by ヨメレバ

お茶目な麻衣が使った九字は、神仏の加護によって病魔や災厄を祓い遠ざけるという護身法だそう。
これをマスターすれば、アブナイ人とかも退治できる?
目の前でやれば、アブナイ人も寄ってこなくなるかもしれないが。

◆関連記事◆
「ゴーストハント (6) 海からくるもの」小野 不由美/藍麦のああなんだかなぁ
ゴーストハント6 海からくるもの/気分次第。
ゴーストハント 海からくるもの/読書日記
ゴーストハント5 鮮血の迷宮/小野不由美/サイト内
ゴーストハント4 死霊遊戯/小野不由美/サイト内
ゴーストハント2 人形の檻/小野不由美/サイト内
ゴーストハント1 旧校舎怪談/小野不由美/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

ゴーストハント5 鮮血の迷宮/小野不由美

◆読んだ本◆
・書名:ゴーストハント5 鮮血の迷宮
・著者:小野不由美
・定価:1,350円
・出版社:メディアファクトリー
・発行日:2011/7/15

◆おすすめ度◆
・ゴシックホラー小説度:★★★
・本編も恐いが小ネタも恐い度:★★★★
・新たな登場人物で役者そろい踏み?度:★★★

◆感想◆
増築を繰り返し、まるで迷路のようになった洋館。そこで人が消えるという事件がおきる。様々な霊能者が招集され調査される中、あらなな事件が…

ゴーストハントシリーズの第4巻は、半ば廃墟と化したとてつもなく大きな洋館が舞台。なにしろ長年にわたって無茶苦茶な増築をしたため、迷路のような構造になってしまっているという。(「シャイニング」ぽい)
消えた人を捜すためにいろんな霊能者が様々なことをやってるうち… という展開は、ラストに近づくほどおどろおどろしくなるんだけれど、それにも増して恐いのは作中で引き合いに出される小ネタ。

ウィンチェスター銃によって殺された人々の霊からのがれるため、屋敷の部屋を朝から晩まで増築し続けたというウィンチェスター家のサラ婦人。
歳若い娘を「鉄の処女」で殺しその血を浴びたりして興奮したという「血の伯爵夫人」の異名を持つハンガリー王国の貴族。

実に恐ろしいのは何かに取り憑かれた人間なり。


本編では、いつも優しい笑顔なにのナルをあごで使う森まどかという新たな登場人物が加わり、さらにリンの本名は「林興徐」で霊を使役する技を持っていたり(「十二国記」ぽい)と、シリーズの大団円にむけて役者そろい踏み?

ゴーストハント5 鮮血の迷宮 (幽BOOKS)

小野不由美 メディアファクトリー 2011-07-13
売り上げランキング : 104
by ヨメレバ

子供のころ、家の近くに「幽霊屋敷」なるもながあって、よく友達と近くに行っては中を覗いて逃げたりしていた。 ちょっと大きくなってから「幽霊屋敷」を見ると、それはもう本当にタダの空家で、ちっとも恐くもなければ覗きたくもないうらぶれた民家。

大きくなるって言うのは感情が萎んでくるということなんだなあ。
喜怒哀楽センサーを敏感にしとかないと、幽霊が怖くなくなってしまうぞ。

◆関連記事◆
ウィンチェスター・ミステリー・ハウス/ウィキペディア
「血の伯爵夫人」/ウィキペディア
風狂者の建物~狂気と執念がもたらした創造物~/不気味で神秘的な話
「ゴーストハント (5) 鮮血の迷宮」/藍麦のああなんだかなぁ
ゴーストハント5 鮮血の迷宮/小野不由美/腐女子の読書記録。
ゴーストハント4 死霊遊戯/小野不由美/サイト内
ゴーストハント2 人形の檻/小野不由美/サイト内
ゴーストハント1 旧校舎怪談/小野不由美/サイト内
児童・少女向けファンタジー読み比べ/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

ゴーストハント4 死霊遊戯/小野不由美

◆読んだ本◆
・書名:ゴーストハント4 死霊遊戯
・著者:小野不由美
・定価:1.300円
・出版社:メディアファクトリー
・発行日:2011/5/20

◆おすすめ度◆
・学園ホラー小説度:★★
・子供の顔の描写が恐い度:★★★
・ワンパターンなのに一気読み度:★★★

◆感想◆
男子生徒が飛び降り自殺した屋上には「ぼくは犬ではない」という書き置きが。それから不可解な事件が連続して起き・・・

ゴーストハントシリーズの第4巻。
第3巻「乙女ノ祈リ」も読んだけど、★★なワンパターンな感じで。
登場人物や舞台設定に大きな違いがなく、一話完結な小説だとワンパターンなきらいは拭えないもの。
それでもアッという間に読ませるのは著者の筆力?

霊感と霊媒能力と霊視能力の違いを語ったり、嫌みな先生を登場させたり、コックリさんを題材にしたりと、中高生には感情移入しやすい設定。
シリーズ全体を貫く謎?も小出しにされて、子供の描写も超恐い。

「乙女ノ祈リ」では、壁から霊が出現するシーンが超恐かったけど、著者は恐いシーンの描写に力一杯な気がする。

ゴーストハント4 死霊遊戯 (幽BOOKS)

小野 不由美 メディアファクトリー 2011-05-20
売り上げランキング : 51
by ヨメレバ

「LL教室に現れる子供の霊」みたいな文章があって、LL教室??だったんだけど、これは視聴覚教室のことなんだそう。

作家はこうゆう学園小説用語も知っていなければならないから大変だ。
っていうか、「LL教室」は自分が知らないだけで一般用語?

◆他サイトの感想◆
藍麦のああなんだかなぁ
読書日記

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

次のページ

FC2Ad