だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

純喫茶『一服堂』の四季/東川篤哉

◆読んだ本◆
・書名:純喫茶『一服堂』の四季
・著者:東川篤哉
・定価:1,450円
・出版社:講談社
・発行日:2014/10/8

◆おすすめ度◆
・ユーモアミステリー小説度:★★
・びっくり仰天のうっちゃり度:★★★★
・「珈琲店タレーランの事件簿」のパロディ度:★★★

◆感想◆
純喫茶『一服堂』の店主・ヨリ子は、超恥ずかしがり屋の人見知り。所見の客にはまともな挨拶もできない彼女が、何故か事件を解決する能力は名探偵そこのけで…

安楽椅子探偵もののユーモア連作ミステリー小説。
「珈琲店タレーランの事件簿」のパロディなんだけれど、「珈琲店タレーランの事件簿」を読んでいないのにおおよそ内容が分かっちゃうからびっくり。

ユーモアもミステリーも、たくさんある著者のシリーズ物と似た雰囲気で、やや物足りない感じ、なんて思って読んでいたらラストの「バラバラ死体と密室の冬」はびっくり仰天のうっちゃりを決められた感じ。
表紙のかわいらしいヨリ子さんのイメージとはほど遠い密室の解決は、「ええい、これでどうだ。文句があるなら自分でユーモアミステリー書いてみろ」的な破れかぶれ?ぶり。

文句ありません。

っていうか、もっと破天荒な解決のユーモアミステリが読んでみたいです、はい。

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

魔法使いと刑事たちの夏/東川篤哉

◆読んだ本◆
・書名:魔法使いと刑事たちの夏
・著者:東川篤哉
・定価:1,400円
・出版社:文藝春秋
・発行日:2014/7/30

◆おすすめ度◆
・ユーモアミステリー小説度:★★★
・コミカルなキャラクターの登場人物たち度:★★
・もっと「八王子」を!度:★★★

◆感想◆
「魔法使いは完全犯罪の夢を見るか?」に続く「魔法使いマリィシリーズ」の第二弾。

キャリアなのにおばかっぽい椿木警部と、彼女に罵倒されることが趣味の変態刑事・小山田聡介と、何故か小山田家の家政婦に収まった魔法使い・マリィが、八王子で起きる事件を解決していく。

魔法を使って事件を解決に導いちゃうという「禁断」の手法は前作同様。
でもミステリーのキモとなる部分はちゃんとミステリーにしているから大丈夫。

登場人物たちのコミカルなキャラクターも前作同様だけれども、トーンダウンしているように感じるのは何でかな。
マリィのいきなりなギャグも物語の中にきちんと取り込まれているけど、ちょっと消化不良のように感じるのは何でかな。

でも暑い夏に消化不良はつきもの。細かいところは気にしない気にしない。
ささっと読める本書は、うだるように暑い夏向きのお気楽ミステリー。

「謎解きはディナーのあとで」の国立度に比べると、「魔法使いマリィシリーズ」の八王子度は明らかに低い。
もっと「八王子」を!

◆関連記事◆
魔法使いは完全犯罪の夢を見るか?/サイト内
謎解きはディナーのあとで/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

探偵部への挑戦状 - 放課後はミステリーとともに2/東川篤哉

◆読んだ本◆
・書名:探偵部への挑戦状 - 放課後はミステリーとともに2
・著者:東川篤哉
・定価:1,400円
・出版社:実業之日本社
・発行日:2013/11/10

◆おすすめ度◆
・ユーモアミステリー連作短編小説度:★★★
・殺人事件のおきない(拍手)本格学園もの度:★★★
・ご当地ミステリー度:★★★★

◆感想◆
「放課後はミステリーとともに」に続く鯉ヶ窪学園探偵部シリーズの最新作。
前作同様探偵部の副部長・霧ケ峰涼を主役に、鯉ヶ窪学園内で起きる殺人じゃない事件を解決していく連作短編集。

霧ケ峰涼に対抗する「大金うるる」なるエアコン名なヒロインが登場したり、めちゃくちゃ頭脳明晰な探偵部顧問の先生がいたり、UFOマニアの先生や褒められるほど賢くもなく笑えるほど馬鹿でもない生徒やらが登場して大騒ぎ な、ライトノベルテイストのユーモアミステリー。

前作「放課後はミステリーとともに」よりもユーモアや本格度がトーンダウンしたような気がするけど、ミステリー小説につきものの殺人事件をあえて扱わないようにしたり、恋ケ窪地域限定の小ネタを挟み込んだりと、アットホームな雰囲気がが好ましい。

当地ネタをもっとご盛り込んでくれたら、楽天イーグルスの優勝に喜ぶ宮城県民くらい嬉しい。

◆関連記事◆
放課後はミステリーとともに/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

ライオンの棲む街 ~平塚おんな探偵の事件簿1~/東川篤哉

◆読んだ本◆
・書名:ライオンの棲む街 ~平塚おんな探偵の事件簿1~
・著者:東川篤哉
・定価:1,400円
・出版社:祥伝社
・発行日:2013/8/20

◆おすすめ度◆
・ライトミステリー小説度:★★★
・元気な女探偵とややボケの女探偵助手度:★★★
・平塚在住ミステリーファン必読度:★★★

◆感想◆
男勝りで元気いっぱいで猪突猛進な女探偵・生野エルザと、彼女の旧友にして失業中の川島美伽。二人が平塚の街を舞台に、様々な事件を解決する…

「烏賊川市シリーズ」や「謎解きはディナーのあとでシリーズ」に続く新シリーズ。
例によって凸凹コンビがミステリーの定番な事件を、ユーモアと軽いノリで解決していく連作短編集。

軽ーくささっと読めるのは酷暑の夏向け。
あんまり難しいことを考えなくていいから気楽に読める。
ややユーモアもキャラクターに難はあるけど、これからドンドン過激でトンデモないキャラになっていくと嬉しいかも。

自分には縁のない「平塚」が舞台というのが残念。
平塚に住んでれば、地元を舞台にした「謎解きはディナーのあとでシリーズ」みたいに馴染めたかも。
平塚在住のミステリーファンは必読?

帯には「声優 堀江由衣さん推薦!」
アニメ化の予感が。

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

私の嫌いな探偵/東川篤哉

◆読んだ本◆
・書名:私の嫌いな探偵
・著者:東川篤哉
・定価:1,500円
・出版社:光文社
・発行日:2013/3/20

◆おすすめ度◆
・本格ミステリー連作短編小説度:★★★
・少なくとも3回は思わず声を出して笑ってしまう度:★★★★
・少なくとも5回はムフフフと含み笑いしてしまう度:★★★

◆感想◆
うら若きビルオーナーの二宮朱美と、迷探偵の鵜飼が遭遇する、奇妙奇天烈な怪事件。烏賊川市シリーズの最新作。

マンションの壁に全力疾走し、瀕死の重傷をおう男性や、転落死した男性の口からエクトプラズム(!)が出てくるという、何とも懐かしいフレーズの怪事件を、おなじみの面々が解き明かすという本格ユーモアミステリー。

ムフフフと含み笑いしてしまうことしばしば。思わず声を上げて笑ってしまうこと数回。
著者のユーモアのセンスは健在です。

奇妙奇天烈な事件の設定だけに、展開もアクロバティックだけれど、面白いからすいすい読めちゃいます。
メタっぽいギャグも落語みたいでいい感じ。

私も昔、中岡俊哉の本を愛読していました。

◆関連記事◆
烏賊川市シリーズ/ウィキペディア

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

謎解きはディナーのあとで 3/東川篤哉

◆読んだ本◆
・書名:謎解きはディナーのあとで 3
・著者:東川篤哉
・定価:1,500円
・出版社:小学館
・発行日:2012/12/17

◆おすすめ度◆
・ユーモアミステリー小説度:★★★★
・コミカルだけど結構本格度:★★★
・新たな展開があるようなないような度:★★★

◆感想◆
大人気ベストセラー「謎解きはディナーのあとで」の第3弾。

軽妙でコミカルなタッチの作風は従来通り。
とんでもなく売れたけど、それを衒うわけでもなく一定水準のミステリー小説にまとめあげているのはさすが。
プレッシャーに負けないで、これからも「ぐふっ」と笑えるミステリーを読ませて欲しいと思わせる。

でも登場人物や描写、舞台などがマンネリと言われそうな気も。

安楽椅子探偵役の執事・影山や、国立署の上司・風祭警部との関係に新たな展開が!みたいな雰囲気だけど、偉大なるシリーズ物にはそんな小細工は不要。
「サザエさん」や「水戸黄門」みたいに、マンネリこそがシリーズ物のキモ。
登場人物は成長なんてしなくてもいいんである。
舞台は国立周辺でもいいんである。
ぜひともこの雰囲気のまま、続編が読みたい。

今なら、もらってちょっと嬉しい「特製クリアファイル」のおまけ付き。
そういえば「謎解きはディナーのあとで 2」でも特製クリアファイルをゲットしたけど、あれはいったいどこにいったんだろう?

◆関連記事◆
「謎解きはディナーのあとで 3」東川篤哉/雨降りだからミステリでも読もう・・・
謎解きはディナーのあとで 2/東川篤哉/サイト内
謎解きはディナーのあとで/東川篤哉/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

魔法使いは完全犯罪の夢を見るか?/東川篤哉

◆読んだ本◆
・書名:魔法使いは完全犯罪の夢を見るか?
・著者:東川篤哉
・定価:1,400円
・出版社:文芸春秋
・発行日:2012/9/30

◆おすすめ度◆
・本格ミステリー小説度:★★★
・大笑いの魔法使い少女度:★★★★
・八王子在住のミステリーファンは必読度:★★★

◆感想◆
Sな美人刑事とMでどんくさそうな刑事と魔法を操る少女!が主役の、コメディタッチのミステリー連作短編集。

「魔法を操る少女」なんて、魔法で犯罪をおかしたり犯人を突き止めたりしたら、迷宮入りかあっという間に解決かのどっちかじゃん!?
なんて思いながら読み始めるも、魔法使い少女はミステリーの謎解きを邪魔することなくコミカルさを演出。
めんどっちい捜査の過程も省いちゃう役目や特異な役所も用意されてて、ちょっとユニーク。

ミステリーとしてはびっくり仰天な展開はないものの真っ当な内容。
刑事のコンビや、東京の八王子を物語の舞台にしたりして、「謎解きはディナーのあとで」を連想させるような作りだ。

著者のユーモアに共感できる方は、出だしの魔法少女の台詞に爆笑必至。
ここだけで500円くらい払ってもいいかも。

本書は新シリーズの一作目。
バカ売れしなくていいから、ひっそりと、それでいてマニアックに笑らすシリーズになって欲しい。
あまりにも売れると、読む方もあたふたしちゃって落ち着いて読めないんだよね。

◆関連記事◆
東川篤哉『魔法使いは完全犯罪の夢をみるか?』 特設サイト/文芸春秋 本の話WEB
「魔法使いは完全犯罪の夢を見るか?」東川篤哉/雨降りだからミステリでも読もう・・・

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

次のページ

FC2Ad