だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

焼き鳥の丸かじり/東海林さだお エッセイの感想

◆読んだ本◆
・書名:焼き鳥の丸かじり
・著者:東海林さだお
・定価:1,296円
・出版社:朝日新聞出版
・発行日:2017/11/20

◆おすすめ度◆
・食に関する思い入れ度:★★★
・食の関する薀蓄度:★★★
・第6の味覚!度:★★★

◆感想◆
丸かじりシリーズも40巻目。索引をつけて食に関する辞典にしてもいいんじゃないかと。

それはそうと、味覚には甘味、塩味、酸味、苦味、うま味以外に、第6の味覚として「脂味」があるとのこと。
冗談かと思ったら本当だった。
そういえば牛の脂身大好きなアイドルが、医者から警告をうけたというニュースが。
脂を食べるとβエンドルフィン分泌されるというから、これはもう中毒ですね。
気をつけなきゃ。

◆関連記事◆
第6の味覚「脂味」の存在が確認される/ASCII.jp
“牛の脂身”大好きな永尾まりやに医師警告/エキサイトニュース

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

花がないのに花見かな/東海林さだお

◆読んだ本◆
・書名:花がないのに花見かな
・著者:東海林さだお
・定価:1,143円
・出版社:文芸春秋
・発行日:2011/4/25

◆おすすめ度◆
・日常瑣末ネタ考察系お笑いエッセイ度:★★
・おもしろ体験記度:★★★
・対談が面白い!度:★★★★★

◆感想◆
桜はが咲いてないはとバスで花見ツアーに出かけ、激安温泉宿で自炊を体験し、銭湯をハシゴして草食男子について考察しながら獣の肉を食べに行く。
著者お得意の日常瑣末ネタ考察系お笑いエッセイ。

日常のこまごまとしたネタを、著者特有の視点から考察するこのシリーズ。
いったい何巻になるんだろう。
読みはじめると、慣れ親しんだ家の中でのんびりしているような安心感がある。
ドキドキハラハラはしないけど、精神安定剤代わりになりそうな。
偉大なるマンネリといった感じ。

ところが本書におさめられている対談は新鮮でユニーク。

ひとり目は高校を卒業してすぐに女探偵になったという大徳直美
ドラマみたいなドキドキ内輪話や、浮気調査の裏舞台が面白い!

二人目の対談者は樹海探検家の栗原亨
樹海の広さは六キロ×四キロくらい(以外とこじんまり)だとか、500m進むのに3時間かかるほど険しいとか、著者に変な自殺願望?があるのがわかったりとか。
樹海で自殺するのも大仕事だ。

三人目は動物行動学研究家の竹内久美子
下ネタで盛り上がってます!

花がないのに花見かな

東海林 さだお 文藝春秋 2011-04
売り上げランキング : 42738
by ヨメレバ

本書のちょっとまえに出版された「ゆで卵の丸かじり」は、シリーズの33巻目。
食にあんまり興味がないけど、ついつい読んじゃう。
紹介されてる食べ物を、わざわざ行ったり買ったりして食べようとは思わないけど、食べた気にさせてくれるから便利だ。

ゆで卵の丸かじり (丸かじりシリーズ 33)

東海林さだお 朝日新聞出版 2011-04-07
売り上げランキング : 5472
by ヨメレバ

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

偉いぞ! 立ち食いそば/東海林さだお

◆読んだ本◆
・書 名:偉いぞ! 立ち食いそば
・著 者:東海林さだお
・出版社:文芸春秋
・定 価:1,095円
・発行日:2006/6/15
     
◆評価◆
・B級グルメ評度:★★★
・日常の探検度:★★★
・偉大なマンネリ度:★★

◆感想◆
駅弁を食べるだけの旅、立ち食いそば全メニュー制覇、言葉の意味と、著者らしい食や日常のなんでもないものに潜むナゾを解きあかすエッセイ集。

丸かじりシリーズもそうだけど、本を読んでいるとなんか食べたくなってしょうがない。
本書の巻頭には全24種の駅弁が、カラー写真で掲載されていて、これがうまそう! 文と写真のダブル攻撃。 お腹ぐぅ~。

立ち食いそばの全メニューを食べようとしたり、一時ニセ温泉で話題になったホテルに行ってみたり、「ヤッホー」という言葉の意味を考えたりと、日常生活探検家には大いに刺激を受ける一冊だ。

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

FC2Ad