だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

町長選挙/奥田英朗

◆読んだ本◆
・書 名:町長選挙
・著 者:奥田英朗
・出版社:文芸春秋
・定 価:1,238円
・発行日:2006/4/15

◆評価◆
・ハチャメチャユニークな精神科医伊良部度:★★★★★
・どんな人にも悩みはあるのね度:★★★★
・大笑い/感動度:★★★★

◆感想◆
まるで幼稚園生なみの言動と行動の精神科医伊良部。精神的な悩みを抱え、彼の元を訪れる患者は、そのお気楽で幼稚な様子に「バカじゃないの?」と不安と蔑の眼を向けるが…

精神科医伊良部シリーズの第3弾。
前作に引き続き伊良部の活躍に大笑いするやら感心するやら。

今回の患者?は、読売の「ナベツネ」やライブドアの「ホリエモン」をまるごとパクってるところから、受け狙いがやや見え。
でもでも「なるほどそうかもね」と納得させる患者たちの悩みと解決策(治療法)は、相変わらずの破天荒さ。
天真爛漫な精神科医伊良部と、妙に色っぽくいつも不機嫌なナースのマユミは、最強のコンビだな。

これを読めば、精神的に落ち込んでる人はとってもハイに、もともとハイな人は隣の人がハイになるくらい、お気楽人生を注入できる。

町長選挙/奥田英朗の表紙
 

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/106-044fd8fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad