だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

チョコレートコスモス/恩田陸

◆読んだ本◆
・書 名:チョコレートコスモス
・著 者:恩田陸
・出版社:毎日新聞社
・定 価:1,600円
・発行日:2006/3/20

◆評価◆
・女優達の熱いドラマ度:★★★★★
・演ずることの奥にあるモノは?度:★★★★
・ゾクゾクする緊張感とスリルと臨場感度:★★★★★

◆感想◆
脚本家の神谷は、事務所の窓からぼんやり外の喧噪を眺めている時、少女と言ってもおかしくない20才前後の女性から眼を離せなくなる。彼女が隣に立つキャバクラ嬢と、まるで双子の姉妹が並んでいるように見えたから…

久々に背筋がゾクゾクする感覚! 恩田陸、すごいぞ!!
題名はなんだか少女趣味だし、殺人事件は起きないし、ちっともミステリーではないんだが、これが緊張感とスリルに満ちあふれている。

登場するのはいわゆる女優達。演ずることにプライドや執念や嫉妬や色んな思いを賭けている様子が、活き活きと描写される。
芝居や演出という演劇の世界をとてもダイナミックに書き込んでいる。それだけで「演劇の裏側」「女優という職業」「演じるとは」といったテーマの、結構読みごたえのある物語りになっているんだが、この物語に著者が登場させる天才的ヒロイン飛鳥が、物凄く新鮮でミステリアス。

プライドや自尊心で演じるのではなく、「それ」に成り切ることに集中し演じる飛鳥。
彼女の演じる姿を描いたシーンは、鳥肌もの。
臨場感も素晴らしく、情景が目に浮かぶ。
特に終盤のシーンは特筆もの。
こんな芝居なら、見にいっても良いな。

恩田陸って当たり外れがあるけど、今回は大当たり。
著者の筆致も今までとはレベルが違うような。
ひょっとして新たなステージに飛躍したか?

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/107-5b6c70a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad