だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

弥勒の月/あさのあつこ

◆読んだ本◆
・書 名:弥勒の月
・著 者:あさのあつこ
・出版社:光文社
・定 価:1,600円
・発行日:2006/2/25

◆評価◆
・せつなくも悲しい時代小説度:★★
・心の闇を抱える男たち度:★★★
・おりん 美しすぎるぜ度:★★★★

◆感想◆
小間物問屋「遠野屋」の若女将おりんが、溺死体で発見させる。おりんが自殺したことに納得のいかない遠野屋の主人は、同心木暮信次郎に調査を依頼するが…

どこが無気味でペシミスティックな同心。
それに呼応するような、本心を見せない遠野屋の主人。
おりんの死を調査する展開にあわせて、二人の性格が描写されるが、ここが本書の読みどころ。

少年少女たちの心を描き出してきた著者が、若い二人の登場人物の心をどう描くか!

これがなかなかシリアスタッチでいい。
切れ者で相手の気持ちなど慮ろうともしない同心。彼の言い掛かりのような質問にも、感情を表わさず冷静に答える遠野屋の主人。
二人の駆け引きもうまいし、間に入る初老の岡っ引きも、良い味をだしている。

ミステリー小説にもなっているし、悲しき恋愛小説のようでもあり。
それにしてもここに登場する女性たちが美しすぎる。
特におりんは、弟の嫁に迎えたいくらい。(弟いないけど)
弥勒のような女性って、ひとつの理想形。だからよけいにせつなく悲しい。

ただ近しい女性が弥勒に見える時もあるけど、なぜかだんだん鬼のように感じる機会が増えてくるようなこないような。

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/113-0383ac76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad