だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

図書館戦争/有川浩

◆読んだ本◆
・書 名:図書館戦争
・著 者:有川浩
・出版社:メディアワークス
・定 価:1,600円
・発行日:2006/3/5

◆評価◆
・劇画タッチの戦闘訓練度:★★
・舞台を替えた青春恋愛小説度:★★★
・本に対する愛/正しい図書委員向け度:★★★★

◆感想◆
メディア良化法が施行され、その偏向した検閲に対して対抗するように成立した図書館の自由法。両者の抗争は激化し、死傷者が出るまでになっていた…

メディア良化法による行き過ぎた検閲とそれに対抗する図書館、という設定がなにやらおかしな感じ。
体制に迎合することなく自由を守るという信念は納得するが、なんで図書館なの?
おまけに体制側の良化特務機関が武装していれば、反抗する図書館側も警備隊で応戦するという。
米ソの冷戦構造か? 目的が手段を正当化するのか?

正しい青少年には、やや不適切だよね。
「正論は正しい。しかし正論を武器にするのは正しくない」などの素晴らしい文章が曇ってくる。
中盤のやや青い展開もかゆいし、冗長。

けど、そんなマイナス要因を吹っ飛ばす勢いで活躍するのが笠原郁♀。
持ち前の負けん気とお転婆ぶりで、図書館の防衛員を目指して軍事教練に励む姿が、若さと夢に溢れかえっている。
上官のシゴキにたいする罵詈雑言や同期の隊員や同僚との会話など、少女小説風の笑えるノリ。また、彼女の真直ぐな所と本に対する愛に、感動さえする。

もうちょっと設定が納得できれば、十分楽しめたのに。
微妙だ。

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/117-03de66a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad