だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

精霊探偵/梶尾真治

◆読んだ本◆
・書 名:精霊探偵
・著 者:梶尾真治
・出版社:新潮社
・定 価:1,600円
・発行日:2005/9/30

◆評価◆
・ファンタジー/SF度:★★★
・ジュブナイル度:★★★★
・銀色のカードの謎とは!?度:★★★

◆感想◆
交通事故で妻を亡くした新海。精神的ショックの影響か、人の背後霊を見ることができ、背後霊の思いが分かるように! そんな特技を活かして失踪人探しをするようになるが…

妻を失ったショックで、自堕落で引きこもりがちの主人公。背後霊が見えたり数週間前の記憶が曖昧だったりと、思わせぶりな設定に、どんなストーリーになるかとワクワク。

大筋は古典的SFを踏襲するもので新鮮味はない。展開や会話も著者らしいが、やや少年少女向きに書かれているよう。
それでも、おませな小夢ちゃんの活躍ぶりや、ホームレスの荒戸があれよあれよとばかりに成功して行くさまは、なんかマンガチックで笑える。

各シーンの描写もリアルで、そのまますぐにでも映像化できそうな感じ。
旬な作家?だけに、本書に目を付ける業界関係者も多そう。

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/138-d0e234a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad