だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

海の底/有川浩

◆読んだ本◆
・書 名:海の底
・著 者:有川浩
・出版社:メディアワークス
・定 価:1,600円
・発行日:2005/6/30

◆評価◆
・巨大ザリガニパニックSF度:★★★
・閉じ込められた子供達の行方は!度:★★★★★
・機動隊必死の救出度:★★★

◆感想◆
市民に解放され、様々なイベントが開催されていた米軍横須賀基地。そこに突如人間大のザリガニの大群が襲来する。基地に投錨していた潜水艦の乗組員は、イベントを見学に来ていた子供達を救おうとするが…

人間と同じくらいの大きさに進化?したザリガニ様の生物が、住民達に襲いかかる。逃げまどう人達と救助に向かう機動隊。巨大化した理由は? 機動隊による救助は可能なのか? 自衛隊の出動は? というパニックSF。
一応ザリガニの巨大化した理由も語られるし、警察機構内部の軋轢や葛藤、縄張り争いなんかも描かれたりして、きちんとした小説になっている。
ただ、SFとしてもパニックものとしても、新鮮味はない。
状況や風景の描写も不足しており、リアリティを損ねている。

しかし!
巨大ザリガニに囲まれた潜水艦。
そこに逃げ込んだ少年達13人と若い2名の自衛官。
彼等の人間模様が面白い。

潜水艦乗組員である実習幹部2人の、硬軟両極端な性格。
最年長の女子高生望の、何かにいつも耐えているような風情。彼女の弟で、精神的なショックにより言葉が話せなくなっている翔。
やたらと反抗的なワルガキの圭介と、彼を取り巻く仲間。

潜水艦という狭い空間の中で救助を待ちながらも、反目しあったり離反したり、自分の考え方に迷ったり相手を思いやる気持ちに気付いたりと、少年少女向け小説の王道的テーマが描かれる。
キャラクターも非常に分かりやすく、ストレート。
やぱりこのストレートなところが少年少女向け小説の良いところだし、本書の魅力となっているところでもある。

なかなか感動的なシーンもあったりして、大人が読むにも耐える。

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/154-f40dafdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad