だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

孤宿の人/宮部みゆき

◆読んだ本◆
・書 名:孤宿の人
・著 者:宮部みゆき
・出版社:新人物往来社
・定 価:上1,800円 下1,800円
・発行日:2005/6/21

◆評価◆
・四国の小藩を揺るがす事件度:★★★★
・悪霊に祟られる人々/悪霊を利用する人々度:★★★★
・薄汚れたハートを癒す(アルジャーノンに花束を)度:★★★★★

◆感想◆
女中の子として生まれた「ほう」は、仕える家の祟りを祓うため金比羅様へ代参させられる。途中、四国讃岐国で同伴者に逃げられたほうは、丸海藩の藩医の家に引き取られるが…

四国の地で起きる祟りめいた災厄。
不幸な生れで知恵の遅れている少女ほう。
丸海藩で過去に起きた疫病と、その屋敷。
江戸で妻子と部下を手にかけ、罪人として丸海藩に流された元高官の加賀。
女ながら引手見習いとして気丈にふるまう少女宇佐。

物語の構成も申し分なければ、時代背景や登場人物の描写も過不足ない。
起きる事故や病気を「祟り」と考え怯える人々の心の動きも、自然に描かれる。

ところがどうも、面白くない。
何でだろう?

舞台の設定に気を配るばかりに、人部の描写にいまいち気配りが足りないような。(すべてをさらけ出しているところは違うものの、京極夏彦の影響を色濃く感じるのは、自分だけ?)
登場人物も、どこか生きていない。

さすがの宮部みゆきも不振なこともあるだろうし、読む方も期待するし、と思いながらも下巻を手に取り読み進むと、今までの印象を覆すような筆致の冴え。
うーむ、うまい。
特にほうとほうに関わる人々の心根が素晴しい。
上巻のつまらなさが嘘のよう。(勘違いかと思うほど)

ほうを心配する宇佐の思い。
藩医舷州と息子啓一郎の苦悩。
悪霊か死霊のように設定されていた加賀の、真実の姿。

国や家を第一に思うがゆえ、策に走りまた己の真意を抑えなければならない人々。
それに対し、知恵が回らぬゆえに純真なほう。
ほうの無垢でひたむきな思いに触れると、なぜかみんな優しくなる。

様々な軋轢や苦悩を胸に抱えながら苦しむ人に、ほうという無垢な少女の姿が眩しく映るり、一種の救済者として描かれる。
純真なほう、そしてほうを大切にしようとする人々の気持ちに、涙せずにいられない。

上巻のつまんない感がなければ、言うことなし。
久しぶりの号泣もの小説。

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/160-04b0b6a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad