だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

砂漠の船/篠田節子

◆読んだ本◆
・書 名:砂漠の船
・著 者:篠田節子
・出版社:双葉社
・定 価:1,600円
・発行日:2004/10/20

◆評価◆
・家族の崩壊度:★★
・狭い世界と広い世界/地域内の親密さと都会の自由度:★★★
・孤立する父親度:★★

◆感想◆
幼い頃、家庭的な生活を送れなかった幹郎は、「人が人らしく暮らせるのは、地域に根付いた家族の中だけだ…」と考える。妻を持ち娘を授かった幹郎は、その考えを彼女達に求めるが…

ご近所との付き合いは大切だけど、本書の主人公である幹郎のような思考は、いささかうざったい。
一見従順な妻や娘が、鬱屈する生活にアレルギー反応を見せたり、次第に自分の生活を求めるようになるのは、いたって当然。
幹郎が自分の勘違いに気付かない様は、若い人達には不可解に映るだろう。

深く感動したり不快になったりもしないし、いまいちインパクトがない。
しかしなぜか、主人公の幹郎は、俳優の「保坂なおき」を思い起こす。
妙にいい人ぶっているところが、似ているのか?

砂漠の船/篠田節子の表紙
 

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/177-fce96ff3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad