だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

今日の特集/戸梶圭太

◆読んだ本◆
・書 名:今日の特集
・著 者:戸梶圭太
・出版社:中央公論新社
・定 価:1,700円
・発行日:2008/9/25

◆評価◆
・激安TV取材の裏側度:★★
・激安登場人物度:★★
・激安事件の真実度:★★

◆感想◆
TVの取材クルー4人を主人公にした報道番組の裏側小説。
トカジらしくチープで激安な取材陣。一面TVノンフィクションの真実を見たような気にさせる。
また、取材される側も取材クルーを上回るようなトンデモぶり。
すばらしい。

中盤までは比較的まともな?展開だが、ラストは一気にエスカレート。
???トカジらしくない??? と思っていた読者も、納得のハチャメチャブッ飛びぶり。
夏休みの課題図書には絶対ならないだろうB級小説だ。

それにしてもこんな小説を書き続ける著者のバイタリティに拍手。
読み終わったとたんに、内容忘れてるけど。

トカジのコアなファンはお見逃しなく!
そうじゃない方は見逃してください!!


ゴミ屋敷


戸梶圭太の公式サイト「トカジャングル
著者の小説はジャンキーぽいが、このサイトも同じようなニオイがする。
画面を飾るイラストはヘンテコだし、映画や本の紹介ページもゴミ屋敷みたいな雑多で無秩序な感じ。
でもそこが作風というかキモなんだなあ。


テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/189-69c52b23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad