だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

詩羽のいる街/山本弘

◆読んだ本◆
・書 名:詩羽のいる街
・著 者:山本弘
・出版社:角川書店
・定 価:1,800円
・発行日:2008/9/30

◆評価◆
・ちょっといい話し度:★★★★
・人を幸せにする女性/詩羽ネットワーク度:★★★★
・元気が出る/幸せになれる/嬉しくなる度:★★★

◆感想◆
公園でスケッチをしているたマンガ家の卵飯塚陽生は、子供たちに囲まれて楽しそうにしている女性と出会う。彼女は「ねえ、これからデートしない?」と声をかけてきて・・・

突然見知らぬ女性にデートを誘われいぶかる陽生であったが、彼女(詩羽)と街中をデートするうち、彼女の持つ人と人を繋ぎ合わせる力、人に深切にし幸せにしようとする彼女の行動、他人の秘めた能力を見つけ出し引き出す能力。
そういった人と人の繋がりを大切にしみんなを幸せにしようとする詩羽に、感化される。

ちょっとファンタジックな連作短編小説。
インターネットというちょい無機的なネットークに対するアンチテーゼとも読めるし、人間は本来善であるという性善説の敷衍あるいは青少年にたいしての啓蒙とも読めるし、ただ単に「もっと実社会でみんな仲良くすれば幸せに暮らせるよ」と言ってるようでもある。

ま、ちらちら見える人間や文化に対する批評(ちょっと「と学会」入ってる)は別にして、詩羽という女性が魅力的でいいぞ!

売れないマンガ家を元気づけたり、自殺しようとしている少女を助けたり、悪い事をする男を改心?させたり。
八面六臂の活躍だ。それでいて脇役。

彼女は悪い心を糾す神の化身か?
オタクの女神?


モノリス
モノリス


ブログ炎上、コスプレ、ティコ磁気異常1号とかも題材になってたりして、けっこうマニアックな部分もある「詩羽のいる街」。
著者の小説には「SFに対しての愛」がこもっているが、本書にはさらに偏愛、マニアな人への慈しみも感じられるぞ!
ステキだ!




◆他サイトの感想◆
山本弘のSF秘密基地
猫は勘定にいれません
鳥かごLab

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/191-4fec4a8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad