だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

笑うヤシュ・クック・モ/沢村凜

◆読んだ本◆
・書 名:笑うヤシュ・クック・モ
・著 者:沢村凜
・出版社:双葉社
・定 価:1,700円
・発行日:2008/11/23

◆評価◆
・ちょっとファンタジックなミステリー度:★★
・友達いろいろ、人生色々度:★★
・マヤ文明との不思議?な関係度:★★

◆感想◆
大学を卒業してから10年ぶりの同窓会。久しぶりに会った5人は、とあるきっかけでサッカーくじを1枚購入する。翌日サッカーの試合結果を確認すると、全試合の予想が当たっている事が分かり!・・・

本屋の平台に置かれていた本書。「沢村凜」、どっかで見た事あるなあ、と本の奥付を見ると「黄金の王 白銀の王」の著者だ。あれは面白かったなあ。
ということで購入。

出だしは、ミステリアスで上出来だ。
みんなの記憶では1等になっているはずのサッカーくじが、何故か1つの試合の予想だけが記憶と違っていて2等になっている不思議。
さらに、そんなはずはないと、たまたま撮ったくじの写真を現像すると、全然知らない女性の写真に入れ替わっているという不思議。

何故くじの予想が変わってしまったのか。それにくじの写真が写っているはずの写真までなくなっている!

なんで?なんで?の興味が原動力となって、どんどん読み進むけど、物語の展開とは別の所に違和感が。

うーむ。
ちゃんとディテールの辻褄は合っているし、謎を解き明かす過程も面白いんだけどなあ。
ややご都合主義のところも弱点だし、マヤ文明と無理矢理関係づけているのも説得力に欠けるけど、一番の違和感は主人公たちの関係にブレがあることかな。

学生時代の友人という設定のわりには、疑心暗鬼になって互いに疑り合ったりするし、そうかと思うと親友のような振る舞いをしたり。
それぞれが社会に出て、挫折や苦しみを味わっているからこその疑心暗鬼なんだろうけど、それは仲間に抱く感情ではないような。

「男5人の旧友」ではなくて「女5人の同級生」にしといた方が良かった。
そんなに強い友情はなかった、ということでね。



DSC06778.jpg
マヤ遺跡探訪



物語の展開と微妙にシンクロするマヤ文明の神殿。
ピラミッドやなんかもそうだけど、むかしの人はよくもこんなデカクて高い構造物を作ったなあ。
でも、今もそうか。
巨大なビルや塔。高さを争うように建築されてるし。

「大きく」「高く」というのは人の本能なのか? 権威誇示する象徴なのか?

たしかに「小さく」「深く」というのはあんまりはやらないような気もする。
高いビルを見ると、意味なく「おおっ」とか言っちゃうしな。





テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/196-2e3f8f0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

笑うヤシュ・クック・モ 沢村凜

ニート、フリーター、サラリーマン、コンビニ経営者、学者。 大学時代に気楽につるんでいた仲間は十年を経て、社会での立場を異にしていた。...

  • 2010/08/08(日) 16:02:20 |
  • 粋な提案

FC2Ad