だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

クレタ、神々の山へ/真保裕一

◆読んだ本◆
・書名:クレタ、神々の山へ
・著者:真保裕一
・出版社:岩波書店
・定価:1,600円
・発行日:2004/6/18

◆評価◆
・トレッキングエッセイ度:★★
・クレタ島に行きたくなる度:
・写真がきれい度:★★

◆ひとこと◆
ベストセラー「ホワイトアウト」で有名な著者が、自らの山岳体験の無さを恥じて、地中海のクレタ島まで出かけてしまったという、エッセイ+写真。

風光明美な観光地やきれいなお姉ちゃんには目もくれず、ひたすらクレタ島の山々を歩き回る。山間部の動物や樹木、そこに暮す人々の風習等、几帳面で実直な著者らしいエッセイ。
美しい?写真も掲載されている(ちっちゃくて美しいんだか汚いんだか分からないのが多いけど)。

さすがに、ホワイトアウトのような活劇シーンはなく、山歩き日記といった感じ。
近々クレタ島に行き、トレッキングを楽しもうとしている方には参考になるか。

「山では自分との対話を余儀なくされるのだ」と本文にある。
何人でトレッキングを行おうが、息切れし辛くなる程、自分のなかでぐるぐるいろんな考えが渦巻くものだ。
この本を読んでいる時、「そういえば、学生の頃に山に行き、道に迷ったり蜂に刺されたりしたよなぁ」と、本文とは関係ないことを思い出したりした。
図らずも、そんな効果が本書にはあるかもしれない。
(これって、つまらないと同義語なのかな)


クレタ、神々の山へ
クレタ、神々の山へ真保 裕一

おすすめ平均
starsクレタ島の真髄
starsTVを見ていない方にも十分楽しめるトレッキング記
stars好きな作家の「生の声」が聞けた。
starsクレタの魅力が伝わる紀行エッセイ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/220-becec5bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad