だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

ICO 霧の城/宮部みゆき

◆読んだ本◆
・書名:ICO 霧の城
・著者:宮部みゆき
・出版社:講談社
・定価:1,800円
・発行日:2004/6/15

◆評価◆
・ファンタジックアドベンチャー小説度:★★
・勇気ある少年と悪の闘い度:
・かつて分かれた知と勇気が相まみえる時度:★★

◆ひとこと◆
帝都から遠く離れた静かな村。そこに「霧の城」への生贄として生まれたイコは住んでいた。13才となった時、イコが生贄である証左の角が一夜にして伸び、霧の城へ向かう時が来たことを知らせた…

TVゲーム「ICO」のノベライゼーション。
生贄となることを運命つけられたイコの運命は。霧の城とは、いったいなにものなのか? そこでイコはどのような試練に合うのか!
邪悪なものとの闘いや、「光輝の書」「封印の剣」といったアイテム。霧の城で出会う少女。
読んでいると、イコが画面上でピコピコ歩く様子が思い浮かぶような、TVゲームそのまんまの展開。(同名のTVをやったことないから、想像だけど)

しかし、どうにもうまく情景をイメージすることができない。物語の世界を、イメージすることができない。
いっそのこと、TVゲームの画面でも挿し絵として貼付けてしまえばよかったのでは。
著者自身が創り上げた世界ではないだけに、その描写が難しいということかな。

それにしても、宮部みゆきの活動は旺盛。(大沢オフィスというべきか)
宮部みゆきブランドなら売れるという出版者の思惑もあるだろうが、ミステリー小説にとどまらず、絵本やTVゲームのノベライゼーションまでこなす姿勢がスゴイ。


ICO -霧の城-
ICO  -霧の城-宮部 みゆき

おすすめ平均
stars宮部みゆき的ファンタジー作品
stars酷評する程の事じゃないでしょう
starsゲームから入りましたが
starsゲームがしたくなる
stars台無し

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/224-3c584f12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad