だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

ちゃれんじ?/東野圭吾

◆読んだ本◆
・書名:ちゃれんじ?
・著者:東野圭吾
・出版社:実業之日本社
・定価:950円
・発行日:2004/5/25

◆評価◆
・おっさんスノーボーダーのできるまで度:★★
・ウインタースポーツ奮闘記度:★★
・おまけにマニアックな短編小説も度:★★★

◆ひとこと◆
40代半ばでスノーボードに挑戦する作家の奮闘エッセイ。
おまけに、マニアックなミステリーだったり、ロマンチックな短編だったりする小説もついている。

作家というと、スポーツなんかはあんまりしないイメージがあるが、東野圭吾は、なかなかのスポーツ好きのよう。
子供のようにスノーボードにのめり込み、無邪気にはしゃぐ様が面白い。
著者のファンは、新たな一面を発見できて興味深いかも。

元東野圭吾ファンクラブ会長にして、メフィスト賞作家の黒田研二の、「飛びながらイク」という究極の一人快楽術は、超マニアック。
どんな分野にも達人はいるもんだと感心する。


ちゃれんじ?
ちゃれんじ?東野 圭吾

おすすめ平均
starsスポーツの楽しさとは何か?
stars爆笑スノーボート成長記?
stars肩の凝らない話♪
starsやる気もりもり
stars雪山が恋しくなってしまう本。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/233-bea0ade9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad