だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

奇跡の脳/ジル・ボルト・テイラー

◆読んだ本◆
・書名:奇跡の脳
・著者:ジル・ボルト・テイラー
・定価:1,700円
・出版社:新潮社
・発行日:2009/2/25

◆おすすめ度◆
・脳卒中から回復した脳科学者の実体験ルポ度:★★★★
・右脳と左脳の思考度:★★★★★
・「悟り」の脳科学からの理解度:★★★★★

◆感想◆
脳科学者である著者が、脳卒中により左脳の一部機能を麻痺させながら、8年の歳月をかけて回復。その闘病を通して、脳の不思議さと精神作用を綴ったノンフィクション。

先日NHKの衛星放送で、著者のインタビュー番組が放映され、いたく興味をそそられる。
著者は左脳に脳卒中をおこし、感覚や運動機能がジワジワと蝕まれる中、とても幸せで宇宙の中に溶け込んでいる感覚、涅槃の境地にいるようだったと話しているのだ。
本書を読むとそのあたりの経緯や認知が、脳科学的に、また右脳的に説明されている。

著者は脳内出血により、左脳の言語中枢や方向定位連合野などに損傷を受ける。
言葉や文字が認識できなくなり、自分の身体と外界との境界がなくなり、過去の記憶や時間感覚までもが把握できなくなる。
そして健全な右脳だけで世界を認識するようになると、心地よい安らぎの世界が現れてくるという。

これは興味深い。

過去の人間関係や自分の人生、経験、善悪の判断、そういたものから解放されるというのは、まさしく仏教の求めるものでもある。
左脳の思考を左脳で制御し「悟り」を得ようとする仏教と、左脳に起きた脳内出血のため「悟り」を体感した著者。

「悟り」「涅槃」といった感覚を左脳で(アカデミックに)理解しようとする方にはうってつけの面白い内容だ。

さらに、左脳が引き起こす「不安」「怒り」「恐れ」といったマイナスの思考を、どうやって右脳的な安らかな思考に切り替えるかも著者は言及。
脳卒中を克服した体験のなかには、思考がマイナスの感情ばかりの時期もあっただろうと想像するが、それを「涅槃」経験を糧にして思考方法をプラスに切り替えてきたと想像する。
なんだか科学者による宗教書のようだが、実体験に基づいているだけに説得力がある。

しかしあれだなあ、著者は左脳の一部を損傷して「悟り」を経験したが、仏教僧はそれを一種の思考によりなそうとする。
考えようによってはスゴイことだ。


座禅
坐禅。澤木興道/ウィキペディア


楽しい生活をおくるには、心の平安も必要だ、と、ちょっと座禅とかにも興味を持ちはじめた今日この頃。 王貞治だって座禅を組んだりして迷いを吹っ切ったりしてたみたいだし。

ところがこれがムヅカシイ。

無心になるどころか、いらん妄想が爆走しはじめて、座禅する前より煩悩だらけになってしまうのだ。


奇跡の脳
奇跡の脳Jill Bolte Taylor 竹内 薫

おすすめ平均
stars素晴らしさと疑問
stars図書館のすぐれちゃんも推薦!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆他サイトの感想◆
今週の本棚/毎日新聞
夢のもののふ


テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

本屋さんへ行こう!図書館のすぐれちゃん

朝日新聞や神奈川県のホームページで必読紹介!
「本屋さんへ行こう」日本書店商業組合連合会でも書評紹介!
応援してね!

  • 2009/05/02(土) 19:30:34 |
  • URL |
  • キク #HfMzn2gY
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/236-a4cbfd91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad