だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

イニシエーション・ラブ/乾くるみ

◆読んだ本◆
・書名:イニシエーション・ラブ
・著者:乾くるみ
・出版社:原書房
・定価:1,600円
・発行日:2004/4/5

◆評価◆
・帯に書いてある通りの仕掛け度:★★★★
・うぶな青年の恋物語/いくつかの通過儀礼度:★★★★
・やっぱし女の方が逞しいという側面まで描写度:★★★

◆ひとこと◆
真面目な鈴木(たっくん)は、友人の望月から合コンに誘われる。そこで出会った成岡(マユ)に、たっくんは惹かれて行くが…

合コンもカラオケもしたことのないたっくんが、マユを恋しく思うようになる様は、恥ずかしくなるくらいの青春小説。
しかし帯には「ぜひ、2度読まれることをお勧めします」のうたい文句が。
この恋愛小説のどこに文章の罠や伏線があるのか、注意深く読み進む。それらしい所はチェックしたものの、最後は著者の企みにまんまとハマってしまった。
おみごと!

おまけに、女性の逞しさ(ふてぶてしさ?)まで描き出したりして。
物語の設定上の産物かもしれないが、このアンバランスな感覚もいい。可愛がっていたタマが、どこぞのオスネコの仔を身ごもっているのに気付いた時のような感じ。
これをもっと強調すば、より読者を惹き付け驚かす小説になったかも。
おしい!

でも、たっくんとマユには、幸せになって欲しいね。
新たなる通過儀礼があるかもしれないけど。


イニシエーション・ラブ (ミステリー・リーグ)
イニシエーション・ラブ (ミステリー・リーグ)乾 くるみ

おすすめ平均
starsターゲットはどこに?
starsよくできた作品
stars本を読むことはストイックだが、本を書くことはもっとストイックな気がした。
starsドンデン返しはすごいけど、作品としては・・・
stars期待はずれ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/237-b44c2009
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad