だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

空中ブランコ/奥田英朗

◆読んだ本◆
・書名:空中ブランコ
・著者:奥田英朗
・出版社:文芸春秋
・定価:1,238円
・発行日:2004/4/25

◆評価◆
・お笑い神経治療度:★★★★★
・注射フェチの神経科医と露出狂でヒョウマニアの看護婦度:★★★★
・読者の悩みも完治度:★★★★★

◆ひとこと◆
だぶだぶの巨漢にして注射マニアの神経科医伊良部。ヒョウに異常な興味を持つ不愛想なフェロモン看護婦マユミ。彼等のもとを訪れた患者達は、いったいどういう治療を受けるのか…

空中ブランコに失敗する空中ブランコ乗り(それって空中ブランコ落ち?)、先端恐怖症のヤクザ(爪楊枝に怯えるヤクザ 笑える)、どれも自分のアイデンティティーを脅かす悩みを抱えて、伊良部を訪ねる。 それをデブの注射マニアで子供のような無邪気さを持つ伊良部が治療?するという、とんでも小説。

しかしこれが笑える!うまい! それでいて心にしみ入る!
いろんな人がいろんな事で悩んでいるけど、それをテーマにこれだけ明るい小説にできる手腕。
思わず声に出して笑ってしまう可笑しさ(大根には笑った)もあれば、読み終わった後、なぜか自分の悩みも解消されたようなカタルシスも。

前作「イン・ザ・プール」を慌てて再読したが、本書はそれをしのぐ面白さ。
シリーズ化して欲しい。


空中ブランコ
空中ブランコ奥田 英朗

おすすめ平均
starsシリーズ2弾目もおもしろい!
stars伊良部は止まらない。
stars普通に結末が読めてしまった
stars一度は通ってみたい
stars文句なしに面白い

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/239-e5f07e44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad