だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

天才パイレーツ/戸梶圭太

◆読んだ本◆
・書名:天才パイレーツ
・著者:戸梶圭太
・出版社:朝日新聞社
・定価:1,500円
・発行日:2004/4/30

◆評価◆
・ドタバタサスペンスホラー度:★★★
・連発する狂気の雄叫び度:★★★
・お下品ねぇ~度:★★★★

◆ひとこと◆
「埋もれている天才を社会に適応させる船上セミナー」。そんなセミナーに集まって来たのは、とても天才とは思えないバカ丸出しの奴らばかり。おまけにセミナー参加者とスタッフや船員たちは、とてつもない事件に巻き込まれ…

戸梶圭太のブッちぎりドタバタサスペンスホラー小説。
良識のあるお嬢さんが読んだら、失神しそうな言葉の連発からはじまり、お下品さ爆発。
天才達がどんなことをしでかすのか、楽しみな展開! と思いきや、なんだか海洋冒険小説風の味付けになったり、さらにはバイオホラーに。シーンごとにはまとまっているけど、全体的にはチグハグ。
もっと天才達を思う存分暴れさせて欲しかった気も。

はじめは強烈な印象だった「ウンコチンコマンコ」という間の手?や「ぶっ殺せーっ」というかけ声?も、読み進むうち普通の文章に思えてくるから不思議。
トカジ初体験の方には、インパクトが強いかもしれないが、トカジ中毒者にはもっと純度が高くないと、ガツンとこない。


天才パイレーツ
天才パイレーツ戸梶 圭太

おすすめ平均
starsいまいち?
starsなかなかGOOD

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/243-4c8e71c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad