だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

ビッグボーナス/ハセベバクシンオー

◆読んだ本◆
・書名:ビッグボーナス
・著者:ハセベバクシンオー
・出版社:宝島社
・定価:1,400円
・発行日:2004/2/27

◆評価◆
・ギャンブル小説(パチスロに特化)度:★★★
・裏稼業の日常度:★★★
・ユーモア/アクション度:★★

◆ひとこと◆
パチスロの攻略情報を売る商売をしている東。ガセネタを売り付ける、あこぎな商売をしていたが…

ギャンブル小説というと、麻雀や競馬がすぐ思い浮かぶが、本書はパチスロ、それもパチスロの攻略情報を売る人間が主人公。

ギャンブル小説の面白さは、その泥沼のような世界にはまり込んでいく姿と、その中で現れる人間の本性みたいなところがある。その醜かったり命がけだったりする登場人物の姿に、引き込まれる。

パチスロってあまりやったことがないが、どうもそういう世界とは遠いよう。
登場人物も癖のあるのを揃えているが、今少しアウトローな書き込みが足りない。
最後の方のアクションシーンも文中のジョークも、主人公のM的性癖と同じようにソフトタッチ。

著者の経歴が、一番可笑しかった。


ビッグボーナス
ビッグボーナスハセベバクシンオー

おすすめ平均
stars軽快なタッチでいいですね
stars「このミステリーがすごい!」優秀作。
stars「このミス」絶賛の作品・・・・・
starsインチキ野郎たちは素敵だった
starsジャパニーズ・ウルトラB級ノワール誕生!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/253-f21309ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad