だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

アマルフィ/真保裕一

◆読んだ本◆
・書名:アマルフィ
・著者:真保裕一
・定価:1,500円
・出版社:扶桑社
・発行日:2009/04/30

◆おすすめ度◆
・ノンストップ誘拐+α小説度:★★★★
・錯綜するストーリー/精緻な展開度:★★
・スリルとサスペンスとアクション度:★★★

◆感想◆
外務大臣のイタリア外遊に伴い、急遽警護に当たることとなった黒田。イタリアの日本大使館に赴任する早々、火炎瓶による放火騒ぎが発生。さらに邦人の少女が誘拐され・・・

イタリアを舞台にした国際スパイ小説みたいな雰囲気のサスペンス。
小役人モノを書いていただけあって、保身と事なかれ主義の大使館員を描くのはうまい。イラッと感じる。
それに反するようなカッコいい黒田。真摯な態度で女性に対応し、テキパキと的確な判断と行動で事件を解決してゆく。
まるでTVドラマの主人公みたいだ。

それもそのはず、本書は本年7月に上映される映画の原作?なのだ。
帯には織田裕二や天海祐、希戸田恵梨香(かわいい!)の顔写真まで掲載されて、メディアミックスな小説なのである。

そのためか、やや強引な展開や舞台設定に難があるが、スピーディで次第に大掛かりな事件になっていく展開は、著者らしく緻密に構成されている。
手を抜かない真保裕一、エラいぞ。
小説家の矜持か。
でも色んな人たちの意見をまとめて、きちんとした物語にするのに、苦労しただろうなあ。


アマルフィ
アマルフィ/ウィキペディア


「アマルフィ」はイタリア南東の都市。世界遺産もある風光明媚な土地だ。
なんでここが舞台の一つに選ばれたのかなあ?
でもロケとかでいったら楽しいだろうなあ。


アマルフィ

真保 裕一 扶桑社 2009-04-28
売り上げランキング : 110400

おすすめ平均 starAve
star1面白いのではあるけれど・・・
star2上質のエンターテインメント
star3相変わらずの着眼点と展開
star4やっつけ仕事だね
star5映画も観るべし。

by ヨメレバ


◆他サイトの感想◆
アマルフィ 女神の報酬 公式サイト/フジテレビ他

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/256-553b7693
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad