だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

妙なる技の乙女たち/小川一水

◆読んだ本◆
・書 名:妙なる技の乙女たち
・著 者:小川一水
・出版社:ポプラ社
・定 価:1,400円
・発行日:2008/3/31
     
◆評価◆
・ソフトSF(SMじゃないよ)度:★★
・頑張る女性たち/(生き甲斐?男勝り?)度:★★
・女性向けハッピーエンド小説度:★★

◆感想◆
軌道エレベータの基地となっているリンガ島、海岸線に接続されたメガフロートの雑居ビルで、京野歩は嫌々ながら携帯食器のデザインをしていた。いつかは何かを成し遂げようと思いながら…

軌道エレベータの基地となった南国の島。そこには宇宙産業の基幹となる企業を始め、ありとあらゆる企業が進出し巨大な都市となっている。
そんな最先端にして雑然とした島で、活き活きとそしてバイタリティにあふれた女性を主人公にした連作短編集。

登場するのは駆け出しのデザイナー、小舟タクシーの女艇長、様々な人種の子供たちを預かる保母…。
みんな悩みはあるものの、とっても生き生きしてる。
何か夢を持って生活するというのはいいもんだなぁ、と感じさせる小説だ。

背景はSFだけど、内容はそんな感じで全然SFじゃない。そこが不満といえば不満だが、「asta*」という雑誌への掲載という条件のためなのだろう。

現状に不満を抱いている、あるいは今の生活が面白くてしょうがないという女性読者向けか?

この女性なら嫁に迎えたいと思うヒロインがいなかったのは、作者の趣味と自分の趣味が違うってことかな。

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

FC2Ad