だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

IN/桐野夏生

◆読んだ本◆
・書名:IN
・著者:桐野夏生
・定価:1,500円
・出版社:集英社
・発行日:2009/5/30

◆おすすめ度◆
・クズクズの恋愛小説度:★★
・ウジウジの不倫関係度:★★
・人間模様に意味を見いだそうとする作家の性度:

◆感想◆
作家の鈴木タマキは、文豪緑川未来男の「無垢人」という小説に登場する○子(伏せ字)という女性を調査していた。私小説といわれた「無垢人」には、緑川未来男と不倫関係にあった○子のことが描かれており、鈴木タマキは○子の実像を執念深く調べるのだが・・・

主人公の作家鈴木タマキと不倫相手の編集者の関係に並行して、タマキが○子の存在を調査する展開が描かれる。

不倫関係を悩み克服しようとするタマキ。
「無垢人」という小説の中で、未来男の不倫相手として登場する○子。
タマキは○子という存在を調べることが、あたかも自分の存在を確認することになるかのごとく、執念深く調べていく。

テーマは恋愛における抹殺(自分の都合で相手を無いものとする)ということだが、どうも分かりにくい。
著者桐野夏生自身の私小説ぽいところもあるし、恋愛という名を借りた人間の勝手さを書いているようでもあるし、繊細で世間知らずな作家と編集者の関係を自嘲的に書いているようでも、小説の中に「無垢人」という小説を組み込んだ実験的な小説のようでもある。

簡単にいうと、面倒な小説だ。
まあ、恋愛とか不倫とかは面倒な所も多々あるけど、グチャグチャと答えの無いことを考えなければならないのはわずらわしい。
それが自分の興味のあることならいいが、恋愛とか不倫とか作家の性とか。
もっとアカデミックだったりハートを揺さぶられる人間関係とかだったりするならいいけど、ウジウジグジグジ梅雨時のナメクジみたいで性に合わん!

それでいて読むのを止めるほどつまらない訳でもない。
ウーム。困ったもんだ。
寝る前に読むと、すぐ寝れるくらいの面白さだ。


IN
IN桐野 夏生

おすすめ平均
stars饐えた恋愛への葛藤と煩悶を吐露する難しさを描いた傑作。
starsだんだんと・・・
starsターニングポイントである作品、に同意
stars三つの世界のリンク具合
stars作者の折り返し地点か

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本書は、名作「OUT」とは関係ない小説だった。
本の帯には「OUT」との関連性を示唆するような文句があるし、出版社はちがうのに装丁はそっくりだし。
なんだ?
どうゆう意図なんだ?
自分一人が本書の面白さや「OUT」との関連性を見いだせないでいるのだろうか?


OUT 上 講談社文庫 き 32-3
OUT 上  講談社文庫 き 32-3桐野 夏生

おすすめ平均
stars上巻のみの感想~人間心理の闇を抉った快作
stars妻に殺されない為に男性は必読w
stars弁当工場、殺人、死体解体、ヤクザなどが盛りだくさんで怖い話だが、超お勧め
starsこれはミステリーなのか?
starsおもしろいが「リアルワールド」と構成がまったく一緒なのはいかがなのものか

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

ふらっとよってみました。
最近、桐野夏生にハマっております。参考になりました。"IN"是非読んでみます


ぽちり。

  • 2009/05/31(日) 17:01:08 |
  • URL |
  • tig #Bs/Xgq9g
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/266-7d3e5cd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad