だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

ドロップ/鈴木光司

◆読んだ本◆
・書名:ドロップ
・著者:鈴木光司
・定価:200円
・製造元:林製紙株式会社
・発売日:2009/6/6
・品質:114mm×2枚重ね30m

◆おすすめ度◆
・前代未聞のトイレットペーパー本度:★★★★★
・シチュエーションによっては超恐い度:★★★★
・お尻も拭ける度:★★★

◆感想◆
何が驚きかってトイレットペーパーなんである。
それにホラー小説が印刷されているんである。

けったいなものを考えたのう。

文字数は2,000字という超短編小説で、トイレで用を足す間に読めてしまう長さ。
これが延々繰り返し印刷されているんである。
中身が変なら包装紙も凝った造りで、「ドロップ発表会」の写真はちょっとおののく恐さ。


0907021934.jpg
鈴木光司「ドロップ」発表会/yuichiro design


いそいそと読みはじめると、さすがリングの著者だけあって、短いながらもインパクトのあるホラー。
夜中の淋しい公衆便所で便器に腰掛けながら読んだら、小便ちびるの間違いなし。トイレだからちびっても大丈夫だし。

おまけに用を足した後、お尻も拭ける素晴らしさ。
なんか印刷した紙でお尻を拭くのは、踏み絵みたいな精神的抵抗があるけど。


0907021939.jpg
ドロップ/鈴木光司


トイレットペーパー本なんて前代未聞と思ったが、これがそこそこ売ってるから驚く。
用を足してるとき壁ばっかり睨みつけるのはなにだから、トイレットペーパーの文字とか絵を眺めてもらおうという戦略か。




◆他サイトの感想とか◆
トイレットペーパーに記された怖~い話 鈴木光司氏の短編『ドロップ』/asahi.com
関心空間
ビズカレッジ ただ今修行中!

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/275-3f84e6a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad