だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

フリーター、家を買う/有川浩

◆読んだ本◆
・書名:フリーター、家を買う
・著者:有川浩
・定価:1,400円
・出版社:幻冬舍
・発行日:2009/8/25

◆おすすめ度◆
・フリーターの一念発起物語度:★★★★
・いい仲間と素敵な家族と仕事のやりがいを築くまで度:★★★★
・驚くほどうまくいく人生度:★★★

◆感想◆
せっかく就職したのに数ヶ月で会社を辞め、フリーター状態でワガママ生活を送っていた武誠治。母親の病気をきっかけに、一念発起するが・・・

単純明快なストーリーなのに、それなりに面白く読めちゃう有川浩の小説。
読者の気持ちを掴むのが上手なんだな。
あっさり会社を辞めてしまう武誠治の自己満足のプライドがあっさり崩れさるシーンや、父親のガチガチ融通きかない自己中ぶりなど、はじめはワガママな登場人物たちを一転ナイスガイに変身させる手腕。 ちょっと出来過ぎのきらいはあるが、うまい展開だ。

強気のお姉さんや仕事仲間などの脇役も充分で、読みはじめるとあっというまに読み終わっちゃう面白さ。

妙な仕掛けや鬱屈した登場人物がいない単純明快さがいいんだろうな。


フリーター、家を買う。
フリーター、家を買う。有川 浩

おすすめ平均
stars登場人物の性格設定が...
stars気付かない一歩一歩の行く末。
stars予定調和もまたよし
stars大人になったら見えること
starsトラウマを真っ当な方法で克服するストーリー。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


主人公武誠治のお母さんが、病気のために上体をふらふらと揺らめかすシーン。
宮部みゆきの小説にも同じようなシーンがあったなあ。なんていう題名だか忘れたけど。
精神的な病気を患うと、上体を揺らすような症状が出るのだろうか。
妙に気になる。


◆他サイトの感想◆
怪鳥の【ちょ~『鈍速』飛行日誌】
趣味は読書(自称)
炎帝月帝(屋根裏部屋)

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/287-1e8863ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーター、家を買う。-有川 浩

誠治は大学を卒業して、就職するが、社風に馴染めず3ヶ月で退社。 そのままフリーターになって、アルバイトで小遣い程度を稼ぐほぼニート状...

  • 2009/09/04(金) 12:45:53 |
  • 趣味は読書(自称)

FC2Ad