だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

ひまわり事件/荻原浩

◆読んだ本◆
・書名:ひまわり事件
・著者:荻原浩
・定価:1,800円
・出版社:文芸春秋
・発行日:2009/11/15

◆おすすめ度◆
・ジジババと幼稚園児の交流度:★★★★
・ジジババと幼稚園児の戦い度:★★★
・ジジババと幼稚園児の冒険度:★★★

◆感想◆
隣接する老人ホームと幼稚園。今まで交流か無かった老人たちと幼稚園児が、「お年寄りに明るさと活力を、子供たちにいたわりの心と人生の知恵を」というコンセプトのもと、交流を図ることになるが・・・

ちょっと笑えて泣けて元気になる、著者お得意のほんわか小説。
出来の悪い園児3人組+1のお茶目さがかわいいし、ちょい悪じじいの無鉄砲さもステキだ。
やや長過ぎる感はあるが、はじめはギクシャクしていたジジババと園児たちの関係が、細かな出来事(ひまわりの種を植えたり、一緒に麻雀やチンチロリンをやったり、入院した婆さんを見舞ったり・・・)を積み上げながら深まっていく過程が楽しい。

終盤にはとんでもない"事件"も用意されて、スカッと爽やかで一途なジジババの姿も。

ミステリアスな仕掛けがある訳でもないし、とんでもなく驚いたり感動したりする訳でもないが、軽く読むにはうってつけの中間小説。


0911211618.jpg
アイアンマンブログ


登場する直情タイプの老人を評して「強さは脆さと同義だ。ビルの鉄骨に純鉄などを使おうものなら、たちまち瓦解してしまう」というくだりがある。
老人の一徹な性格と行動を「純鉄」に例えているんだが、これは「鋼」の間違いだ。
文脈からいえば「純鉄」の方が語感もぴったりだし、読み間違うことは無いんだけれど、なぜか気になる我が人生経験、みたいな。

「鋼」はパキンと脆いが、「純鉄」はけっこう柔らかいんである。
柔らかいといっても、お餅みたいに柔らかいわけじゃないけど。
著者も分かってかいているのかもね。


ひまわり事件
ひまわり事件荻原 浩

おすすめ平均
starsほのぼのと。でも、社会を鋭く見つめて。
stars考えさせられる部分も・・・
stars老人ホームと幼稚園の交流は吉か?凶か?
starsたっぷり笑えて、じんわりと胸に染みる<荻原ワールド>全開の力作

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆他サイトの感想◆
10月の蝉

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/297-7abd3d32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad