だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

オディールの騎士/茅田砂胡

◆読んだ本◆
・書名:オディールの騎士
・著者:茅田砂胡
・定価:900円
・出版社:中央公論新社C★NONELS
・発行日:2009/11/25

◆おすすめ度◆
・少女向けアクションSF度:★★
・勧善懲悪のカタルシス度:★★★
・一気読み度:★★★★

◆感想◆
惑星バラムンディの保養地に滞在していたケリーとジャスミン。マリンスポーツなどを楽しんでいる二人を、何者かが襲おうとするが・・・

クラッシュ・ブレイズシリーズの15巻は、成金権力志向の男ラロッシュと、その娘オディールが主人公。
親娘とケリーとジャスミン、さらにダンやリィも登場して、胸がスッとする勧善懲悪な展開に。

ま、ファンの方にはおおよその展開が分かっちゃうような内容だけど、それでも面白く読めるのは著者のテク。 水戸黄門並みの安定した面白さだ。

成金権力志向のラロッシュが有名人を自宅のパーティに招待して、その有力者ぶりを誇示しようとするのに対し、パーティに招待されたケリーとジャスミンも、ラロッシュをギャフンといわしたいがためにその人脈を見せびらかせる。
なんかどっちも「この印籠が眼に入らぬか!」的な虎の威を借りてる状態だな、とか思いながらも納得してしまう。
やや手抜きの展開に苦笑しながら、最後まで一気読み。

やっぱり著者は文章が上手なんだな、と思わせる。

0911271427.jpg
C★NOVELS 公式サイト

本書のあとがきに「ちょっとお休みをいただこうかと・・・久しぶりに漢字の名前の話しを書いてみようかと云々」

なぬ!
クラッシュ・ブレイズシリーズはこれで永遠に中断か。
「漢字の名前の話し」とはいったい?

登場人物が「蛇巣民」「家李」とかになるわけじゃあるまいな。

クラッシュ・ブレイズ - オディールの騎士 (C・NOVELSファンタジア)
クラッシュ・ブレイズ - オディールの騎士 (C・NOVELSファンタジア)鈴木 理華

おすすめ平均
starsおおっっ今回も怪物夫婦だ!!
starsスカーレット・ウィザード
stars助さん格さんの要らない水戸黄門
stars微妙な幕切れ
starsひさびさに一気読み

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆他サイトの感想◆
francoisの読書メモ
時間旅行~タイムトラベル
読書日記

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/298-ba00fbef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad