だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

第九の日/瀬名秀明

◆読んだ本◆
・書 名:第九の日
・著 者:瀬名秀明
・出版社:光文社
・定 価:1,700円
・発行日:2006/6/25
     
◆評価◆
・人工知能SF度:★★★
・人間の本性/ロボットの身体性度:★★★
・物語の力度:★★

◆感想◆
デカルトの密室」に前後して発表された短編集。

ロボットのケンイチを主人公に、尾形祐輔、一ノ瀬玲奈などの登場人物が配置されていることから、「デカルトの密室」を軸とした連作小説と見ることもできる。

AIと身体性、人間の本性、AIと神/宗教/痛み、といったテーマを中心に思弁的な記述がなされる一方、マッドサイエンティストたちの奇抜な実験や殺伐としたシーンが描写される。

テーマはとても刺激的で内容も深い。「デカルトの密室」に感銘を受けた人には、読みごたえ十分。
しかし、物語の舞台設定はやや強引。ちょっとというか相当現実離れしているし、B級な設定&展開だなぁ。B級が悪いわけではなく、思弁的なテーマとB級の舞台設定が、ちぐはぐな感じ。

ちらちらと垣間見える著者自身の作中世界も、自分はあんまりつきあいたくない。
著者も二足のわらじを履いたり小説作法でいろいろ悩んだりしているんだろうが、そうゆう問題は、主人公のケンイチに全部あずけるか、小説以外の日常で解決したほうがいいのでは。

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/3-9e992ce9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad