だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

単純な脳、複雑な「私」/池谷裕二

◆読んだ本◆
・書名:単純な脳、複雑な「私」
・著者:池谷裕二
・定価:1.700円
・出版社:朝日出版社
・発行日:2009/5/15

◆おすすめ度◆
・ミステリーよりミステリアスな脳度:★★★★★
・SFよりもワンダーな脳度:★★★★★
・脳って身体的で素直で自己中心的度:★★★★★

◆感想◆
これは面白い!
薬学博士にして脳研究者の著者が、高校生を対象に語った脳の話しなんだけど、とてつもなくスリリングでワンダーでミステリアス。

巷では脳科学大流行りだけど、こうやってきちんと体系づけて、さらに高校生にも分かる平易な内容で脳の機能を説明されると、ホンマでっか!?な話しも納得しちゃうってもんだ。

たとえば恋愛感情がある理由は「私はこの人が一番好き!」と自分を納得させるためだとか、幽体離脱を生じさせる脳部位があるとか、実際に動く前に動いたと感じるとか・・・
なんでそうなるのか内容を読むと、「ははーん、なるほど」って思っちゃう説得力。

その根底には、身体という感覚器官からの情報にゆらぎというノイズを加えることで、生き残るのに適した反射的行動をとるよう進化してきた経緯があるということ?
うーむ。
生物生存機械論みたいな感じかな。

時間も空間も、自分の都合に合わせるように感じる脳。
脳のキャパシティを超えたものは、とりあえず棚上げしたり神格性を持たせたりしてうっちゃっとく都合の良さ。

脳ってけっこう自己中だ。




脳の「ホンマでっか!?」な機能が分かっても、普段の思考内容一向に変わらない自分の脳。
うーむ。
もうちょっと、アカデミックというか高尚なことを考えられんのか、俺の脳は。

◆関連記事◆
池谷裕二のホームページ
ピンク色の斑点が消える不思議な錯視/朝日出版社特設サイト
色の先取り(未来を見る脳)/朝日出版社特設サイト
単純な脳、複雑な「私」 [著]池谷裕二/asahi.com(朝日新聞社)
「脳をハックする」ための最高の入門書――『単純な脳、複雑な「私」』/シゴタノ!
NOのNOは脳 - 書評 - 単純な脳、複雑な「私」/404 Blog Not Found
これ必読でしょう 『単純な脳、複雑な「私」』/Biiingo!!

単純な脳、複雑な「私」
単純な脳、複雑な「私」
おすすめ平均
starsまともな研究者育成のために...
stars科学する先輩、後輩の楽しい交流
stars新入社員に配ろうと思います。
stars「脳本」では出色の出来では
stars無意識を見える化していくと

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
bk1で詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/319-bc52515c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad