だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

なぎなた 倉知淳作品集/倉知淳

◆読んだ本◆
・書名:なぎなた 倉知淳作品集
・著者:倉知淳
・定価:1,600円
・出版社:東京創元社
・発行日:2010/9/30

◆おすすめ度◆
・ほんわかミステリー小説度:★★★
・ひねった展開度:★★★
・こういうミステリー+αな小説が好き度:★★★★

◆感想◆
過去に雑誌などに掲載されたけど単行本化されなかった短編を集めた作品集。
同時に「こめぐら」という短編集も出版されて、CDの両A面みないな体裁。

倉知淳というと寡作であんまり派手なイメージはないんだけれど、読んでみるとひねりの効いたミステリーだったり、けっこうユーモラスだったりする。
本書におさめられている短編も、「なるほどね」と思わせるミステリー小説の佳作ばかり。
それでいてガチガチの本格にならず、物語としての面白さも加わっている所が倉知淳の好きな所。

ちょっと時間が空いた時や、電車の中で読むには最適。
あと、「ねこちやん」好きにもおすすめ。
もう「ネコが可愛くて仕方がない」感満点です。

なぎなた (倉知淳作品集)

倉知 淳 東京創元社 2010-09-29
売り上げランキング : 104151


by ヨメレバ

倉知淳は本当に寡作で、いったいどうやって生活しているんだ?と思うほど。
いったいどうやって生計を立てているのだろう?

◆他サイトの感想◆
ミステリ通信 創刊号

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/355-c0ce19a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad