だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

放課後はミステリーとともに/東川篤哉

◆読んだ本◆
・書名:放課後はミステリーとともに
・著者:東川篤哉
・定価:1,500円
・出版社:実業之日本社
・発行日:2011/2/25

◆おすすめ度◆
・コミカルミステリー小説度:★★★★
・本格どんでん返し返し度:★★★
・おいでおいでおじさんに大笑い度:★★★★

◆感想◆
鯉ケ窪学園探偵部の霧ヶ峰涼が主人公の、学園ものコミカルミステリー連作短編小説。
謎解きはディナーのあとで」がベストセラーな著者の、二匹目のドジョウなミステリー小説だけれど、これがけっこう笑える本格モノ。

キャラクターや会話、シチュエーションがとってもコミカル。
おいでおいでおじさんには大笑いだ。

それでいて学園内で起きるミステリーな出来事に巻き込まれた霧ヶ峰涼が、顧問の先生や友人たちなどと解決して行くミステリーな展開は、本格推理。
「はは~ん」と思ってか、どんでん返しでさらにドン!

東川篤哉、あなどれないぞ。

放課後はミステリーとともに

東川 篤哉 実業之日本社 2011-02-18
売り上げランキング : 288
by ヨメレバ

謎解きはディナーのあとで」は東京の国立(くにたち)が舞台だったけど、本作は国立の隣町な恋ケ窪が舞台。
エックス山なんていう超ローカルな雑木林もでてきて、恋ケ窪在住のミステリーファンは必読の書なんである。

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/376-1f32974c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

放課後はミステリーとともに

 「謎解きはディナーのあとで」で本屋大賞に輝いた東川篤哉による「放課後はミステリーとともに」(実業之日本社)。東川篤哉は初めて読んだが、これは面白い。 放課後はミステ ...

  • 2011/05/07(土) 09:44:57 |
  • 本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館]

FC2Ad