だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

オジいサン/京極夏彦

◆読んだ本◆
・書名:オジいサン
・著者:京極夏彦
・定価:1,500円
・出版社:中央公論新社
・発行日:2011/3/10

◆おすすめ度◆
・独居老人の日常/毅然と敢然と慮る度:★★★
・迷走する思考に「あるある!」度:★★★
・「七十二年六箇月と五日」の料理シーンに爆笑度:★★★★★

◆感想◆
72歳の独居老人の日常。それはちょっと迷走気味でちょっと悲しげだが、真っ正直で爆笑ものな日常だった…

ひとりでつつがなく暮らす老人の独白、といった体裁の小説なんだか、老人の迷走する思考に「あるある!」とうなづいてしまう。
うーむ、自分も十分に老人の素養あり、ということか。

子供から「オジイサン」でも「お爺さん」でもなく「オジいサン」というアクセントで呼ばれたことに端を発し、いらなくなったカセットテープの分別方法に苦悩し、外見の老成化と中身の老成化に考察し、近所のおばさんの台風のような一方的言動におののき、計画した朝食を作ろうとしたら思うようにいかずに慌てふためく。

全部自分の中で完結するような迷走する思考を文章にすると、こんな風に取留めのないものになるんだなあ。
笑っちゃうけれど自分だってほとんど同じような迷走する思考をしているし、一種ダダ漏れな思考を文章化した実験小説でもある。

オジいサン

京極 夏彦 中央公論新社 2011-03-10
売り上げランキング : 2340
by ヨメレバ

東北関東大震災で被災された方は大変な苦労をしている。
けれど食料や水、燃料をみんなで分け合って生活しようとする姿は、まさしく道徳的で人道的で正義的な行い。

幸い自分の住んでいるところは地震による被害はなかったものの、多くの人が食料品やガソリンや水を奪い合うように買いだめし、物不足に。

まるで囚人のジレンマ社会的ジレンマ)を絵に描いたような風景。
被災地のようにみんなで分け合えばみんなが助かるのに、疑心暗鬼にかられて自分だけ助かろうとする。

相手の痛みを本当にわからないと協調はありえないということ?
無限大にモノを供給するしかないということ?

オジいサンに訊いてみたい。

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/380-ee2954d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad