だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

ゴーストハント4 死霊遊戯/小野不由美

◆読んだ本◆
・書名:ゴーストハント4 死霊遊戯
・著者:小野不由美
・定価:1.300円
・出版社:メディアファクトリー
・発行日:2011/5/20

◆おすすめ度◆
・学園ホラー小説度:★★
・子供の顔の描写が恐い度:★★★
・ワンパターンなのに一気読み度:★★★

◆感想◆
男子生徒が飛び降り自殺した屋上には「ぼくは犬ではない」という書き置きが。それから不可解な事件が連続して起き・・・

ゴーストハントシリーズの第4巻。
第3巻「乙女ノ祈リ」も読んだけど、★★なワンパターンな感じで。
登場人物や舞台設定に大きな違いがなく、一話完結な小説だとワンパターンなきらいは拭えないもの。
それでもアッという間に読ませるのは著者の筆力?

霊感と霊媒能力と霊視能力の違いを語ったり、嫌みな先生を登場させたり、コックリさんを題材にしたりと、中高生には感情移入しやすい設定。
シリーズ全体を貫く謎?も小出しにされて、子供の描写も超恐い。

「乙女ノ祈リ」では、壁から霊が出現するシーンが超恐かったけど、著者は恐いシーンの描写に力一杯な気がする。

ゴーストハント4 死霊遊戯 (幽BOOKS)

小野 不由美 メディアファクトリー 2011-05-20
売り上げランキング : 51
by ヨメレバ

「LL教室に現れる子供の霊」みたいな文章があって、LL教室??だったんだけど、これは視聴覚教室のことなんだそう。

作家はこうゆう学園小説用語も知っていなければならないから大変だ。
っていうか、「LL教室」は自分が知らないだけで一般用語?

◆他サイトの感想◆
藍麦のああなんだかなぁ
読書日記

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

ミステリは実生活でも!?

こんにちは。
LL教室は、Language Laboratoryの略語で、オーディオ、ビデオ、コンピュータなどの機器を使って外国語を学ぶ教室をいうそうですよ。

小野不由美の運命の秘密を読み解いたコラムがここで読めます☆
http://birthday-energy.co.jp
東洋史観によると彼女は真っ暗闇に輝く太陽で、
ありえないような非現実性的な世界観のみ、作品中に投影されます。
・・とか、とっても興味深いです。
「運命2011これがあなたの生きる道」も配信中です。
ぜひ行ってみてくださいね♪

  • 2011/05/29(日) 00:48:56 |
  • URL |
  • motto #vacXBYjo
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/386-e1409ec5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ゴーストハント (4) 死霊遊戯」小野 不由美★★★半☆

「ゴーストハント(4) 死霊遊戯」小野 不由美メディアファクトリー 幽BOOKS

  • 2011/05/23(月) 23:26:30 |
  • 藍麦のああなんだかなぁ

FC2Ad