だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

誰にも書ける一冊の本/荻原浩

◆読んだ本◆
・書名:誰にも書ける一冊の本
・著者:荻原浩
・定価:1,200円
・出版社:光文社
・発行日:2011/6/25

◆おすすめ度◆
・父の死とその生涯度:★★
・メランコリック度:★★
・自分の生涯はショートショートくらい?度:★★★

◆感想◆
母から、父が書き残した原稿を渡された主人公は、病院で生体情報モニタにつながっている父の脇で原稿を読みはじめるが・・・

仲が良いわけでもなく、かといって不仲でもなかった父子。
死の間際に、父親の人生に触れた主人公が感じたことは? なメランコリックな小説。

書き残した父の原稿と、息子である主人公目線の描写が交互に描かれ、それぞれの体験と思いが綴られる。
「父と息子」が「作家と編集者」に置き換えられるちょっとメタな雰囲気もありながら、北海道での開拓や戦争を追体験して行くうちに、知らなかった父親の一面が浮き上がる。

著者の本はメランコリックでレトロな雰囲気の物語が多いんだけど、本書もそんな感じ。

「自分の人生を本にしたらショートショート1編くらいにしかならないだろう」なんて思っている人に、「どっこいけっこうな厚みの本になるんだよ」と言っているようでもある。

誰にも書ける一冊の本 (テーマ競作小説「死様」)

荻原浩 光文社 2011-06-18
売り上げランキング : 8738
by ヨメレバ

本書は光文社が企画した、「死」をテーマにした競作シリーズの中の一作。
他にはダンスホール/佐藤正午、/白石一文、/土居伸光、海路/藤岡陽子、身も心も/盛田隆二がある。

全部読むと気持ちが暗くなりそう?

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/393-4ed53a8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad