だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

プリズム/百田尚樹

◆読んだ本◆
・書名:プリズム
・著者:百田尚樹
・定価:1,500円
・出版社:幻冬社
・発行日:2011/10/5

◆おすすめ度◆
・異色の恋愛小説度:★★★
・ひとつのモチーフでここまで引っ張るか!?度:★★★★
・結婚するなら村田卓也、火遊びなら宮本純也度:★★★

◆感想◆
家庭教師として成城の豪邸に派遣された聡子は、屋敷の中で奇妙な雰囲気の青年に出会うが…

屋敷の中やきれいな庭で出会うたびに印象が異なる奇妙な青年。彼と聡子の関係をテーマにした、異色の恋愛小説。

出版される小説がバラエティに富んでる百田尚樹、多才です。おまけに器用です。
ミステリー小説ではよく使われるモチーフだけれど、それだけで最後まで読ませる豪腕さも。

でもやっぱりさすがに後半は疲れてきて、失速気味な感じ。
素直な読者には読みごたえのある展開なのかもしれないけれど、マニアックな本に慣れている読者には物足りないか。

もっとヘンテコな人格設定にして、もっと過激な関係が描かれて、もっとビックリな展開にして欲しいというのは欲張りすぎ?

プリズム

百田 尚樹 幻冬舎 2011-10-06
売り上げランキング : 231
by ヨメレバ

本書は著者初の恋愛小説らしいが、恋愛がらみの小説では「モンスター」の方が断然パワフル。
「プリズム」の聡子は自分の抑えられない気持ちに翻弄されるが、「モンスター」の和子の情念,執念はハンパありませんっ。

モンスター

百田 尚樹 幻冬舎 2010-03-25
売り上げランキング : 14040
by ヨメレバ

◆関連記事◆
モンスター/百田尚樹/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/411-58e86bd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad