だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

時砂の王/小川一水

◆読んだ本◆
・書 名:時砂の王
・著 者:小川一水
・出版社:早川文庫
・定 価:600円
・発行日:2007/10/25

◆評価◆
・時間遡行戦闘SF度:★★★★
・国家と個人/人間とアンドロイド度:★★★
・ああサヤカ、君の記憶がかすんで行く!度:★★★★

◆感想◆
メッセンジャー知性体として覚醒したオーヴィル。彼の任務は、なぞの戦闘機械により26世紀に滅ぼされた地球を、時間遡行し対峙応戦し守ろうとするものだった…

太陽系外からの侵略者(増殖型戦闘機械)により、太陽系文明は壊滅的な被害を負う。これに対抗するため人類がとった手段は時間軸を遡り、侵略者が侵入間近の時を狙って殲滅しようというもの。しかし侵略者側も時間軸を遡行し、無限とも思われる戦いが始まる。

人類を守るために覚醒したオーヴィルの、サヤカとの出会いと戦う意味についての苦悩。
超越的な敵がいなければまとまらないという、人類の愚かさ。さらにその中でも繰り広げられる仲間内の謀略。
最後の砦となった邪馬台国での戦い。そしてオービルと卑弥呼の関係。

邪馬台国の時代が主な舞台となっているが、メッセンジャー達(アンドロイドね)と各時代の登場人物達の壮絶な戦いが描写される。(基本はチャンバラか?)
一方アンドロイドの人間的側面をテーマにした、非常に情緒的な描写もあったり。(往々にしてSF小説のアンドロイドは人生の意味を深く考える)
取り立てて新しいSF的要素があるわけではないし、歴史改竄のパラドックスや並行世界に関するハードSF的なロジックはなし。
しかーし、そっちに向ける著者のエネルギーは、生き生きとした登場人物や躍動感のある物語の描写に向けられ、これが大成功。

久々に面白いSFを読んだなぁ。っていうか、SF自体久々なんだけど。

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

FC2Ad