だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

鮫島の貌 新宿鮫短編集/大沢在昌

◆読んだ本◆
・書名:鮫島の貌 新宿鮫短編集
・著者:大沢在昌
・定価:1,500円
・出版社:光文社
・発行日:2012/120

◆おすすめ度◆
・新宿鮫ファン必読のハードボイルド短編集度:★★★★
・鮫島、カッコ良すぎるぜ!度:★★★★
・桃井課長もカッコいいぞ!度:★★★★

◆感想◆
「古い話しに関連した短編だと、覚えていないから困っちゃう」なんて心配は無用の、新宿鮫シリーズ初の短編集。
カッコいい鮫島を堪能できるし、鮫島以外の桃井課長や晶などの脇役を主人公にした展開も鮮やか。

警察官としての矜持を守りつつ、汚いやり口にも鉄壁な防御を怠らず、それでいて人の心を量りながらスマートに対処する。

カッコ良すぎるぜ、鮫島!

やたらと殺人事件が起きる物語が多い中で、殺人事件が起きるわけでもなく、派手なアクションシーンがあるわけでもないのにきっちりハードボイルドしている。

うまいぞ、大沢在昌!

鮫島の貌 新宿鮫短編集

大沢在昌 光文社 2012-01-18
売り上げランキング : 178
by ヨメレバ

10編の短編のうち「幼な馴染み」はちょっと異色だ。
と思ったら、人気作家が「こち亀」とコラボしたというユニークな企画本に掲載されていた短編。
他にも石田衣良、今野敏、柴田よしき、京極夏彦、逢坂剛、東野圭吾といった錚々たる人気作家が三画していて、こっちも読んでみたくなる。

こちら葛飾区亀有公園前派出所 小説

東野 圭吾 集英社 2007-05-25
売り上げランキング : 173234
by ヨメレバ

◆関連記事◆
絆回廊 新宿鮫X/大沢在昌/サイト内
狼花 新宿鮫9/大沢在昌/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/427-649c13c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad