だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

リフレイン/沢村凜

◆読んだ本◆
・書名:リフレイン
・著者:沢村凜
・定価:705円
・出版社:角川文庫
・発行日:2012/7/25(1992年2月発行を加筆・修正して文庫化)

◆おすすめ度◆
・SF設定のサバイバル小説度:★★★★
・罪とは? 正義とは? 何が正しいことなのかの法廷劇度:★★★★
・マイケル・サンデル教授に教えてほしい度:★★★★★

◆感想◆
様々な星の乗客を乗せた宇宙船が遭難。宇宙船が航行不能に陥る前に、なんとか地球型の無人の惑星に漂着する。生き残った人々は、力を合わせて食料を確保し、家を建て、自治的な社会組織をつくって困難に立ち向かおうとするが…

これは深い、深すぎる。

漂着した惑星で、リーダーシップをとる弁護士のラビル。
説得力のある言動や、皆を統率する力と意志の強さを持ったラビルは、皆からリーダーにふさわしい存在として認められる。
しかし、彼に逆らう数人の男たちと反目し、次第にそれが大きな事件へと発展してしまう。

果たして彼らは母星に帰ることができるのか。
そして、リーダーのラビルと、彼に反目する男たちとの間に起きた事件はどのように決着するのか。

無人の惑星でのサバイバル生活の描写は、まるで冒険小説のよう。
それだけでひとつのSF小説としても成立する内容だけれど、それは後半の舞台設定にすぎないという重厚な構成。

肝となるテーマは「殺人」

非暴力主義を貫く主人公のラビルと、自分たちや仲間を守るためには「殺人」もやむなしとする人たちとのせめぎ合い。
自分の生命を守るためにも、暴力的な力を使ってはならないのか。
非暴力はただの理想なのか。
殺し合うのは人間の本能なのか。
正義はいったいどこにあるのか。

著者の「黄金の王 白銀の王」や「瞳の中の大河」に共通する重たいテーマだ。
簡単に答えが出ない問題だけれど、主人公のラビルのとった行動には強いメッセージ性を感じる。
マイケル・サンデル教授にどうすればよかったのか訊いてみたいぞ。

本書を読んで思い起こすのは「ミニョネット号事件」
難破した船から4人が救命艇で脱出するが、食料が無くなる中、海水を飲んで衰弱した若者を殺害し、その死体を残った3人の食料として生き延びる。
24日後に3人は救助されるが、裁判にかけられ、その罪を問われるという事件だ。

全員が餓死するのを覚悟するのが正しいのか、誰かを犠牲にしてでも生き残る道を選択するのが正しいのか。

死ぬのも苦しいが、生き残るのも苦しい。
こんな状況に陥らないよう祈るばかりだけど、そんな風に考える人間は弱肉強食の社会では生き残れないのかもしれない。

◆関連記事◆
リフレイン 沢村凛著/読書日記~防忘録~
「リフレイン」 沢村凜/乱読にもほどがあるッ!
黄金の王 白銀の王/沢村凜/サイト内
ミニョネット号事件/ウィキペディア

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/456-ab99d599
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad