だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

虚像の道化師 ガリレオ 7/東野圭吾

◆読んだ本◆
・書名:虚像の道化師 ガリレオ 7
・著者:東野圭吾
・定価:1,350円
・出版社:文芸春秋
・発行日:2012/8/10

◆おすすめ度◆
・科学的解明なミステリー短編小説度:★★★
・物理学者の湯川がとってもクール度:★★★
・物理学者の湯川がちょっとあたたかい度:★★★

◆感想◆
物理学者の湯川が事件を解決する、ガリレオシリーズの短編集。

「幻惑す」
 指一本触れずに男を殺したという教祖。果たして教祖の「念」の力は本当にあるのか。

「心聴る」
 幻聴のため凶行に及ぶ男。人を操るような「幻聴」とは、どのようなものなのか。

「偽装う」
 山中のリゾートホテル近くの別荘で起きた殺人事件。いったい誰が、何を目的に事件を起こしたのか。

「演技る」
 劇団の演出家が殺害される。様々な工作をした人物の真意とは。

の4つの短編がおさめられた本書、いずれも物理学者の湯川が事件解決の糸口を見つけ科学的に解決していくという、ガリレオシリーズ特有のミステリー小説。

1本目の「幻惑す」が自分好み。謎の解明はややインパクトが弱いけど、全編超能力や超常現象をテーマにして「インチキを科学的に解明していく」みたいな展開でもいいかと思うくらい。
一瞬「ガダラの豚/中島らも」や「仮想儀礼/篠田節子」、「砂の王国/荻原浩」を思い出したが、著者はそこまで突っ込む気持ちはないみたいで、なんか残念。

どの短編も大胆で超びっくりな展開じゃないけれど、ささっと読める割にディープな内容だったりもして、やっぱり東野圭吾なんである。

本書につづき「禁断の魔術 ガリレオ8」が10月発売。
タイトルは「猛射つ」「念波る」「曲球る」「透視す」の4つで、読み方を当てると懐中時計が抽選でもらえるらしい。

読み方はわからないけど、タイトルからすると超能力のインチキを科学的に解明するっぽくて楽しみだ。

◆関連記事◆
東野圭吾『虚像の道化師』/文藝春秋 特設サイト
 「虚像の道化師」の創作秘話や「禁断の魔術 ガリレオ8」タイトル読み方当てクイズも
「虚像の道化師 ガリレオ7」東野圭吾/雨降りだからミステリでも読もう・・・
ガダラの豚 1 /中島らも/アマゾン
仮想儀礼/篠田節子/サイト内
砂の王国/荻原浩/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/459-e570dd58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad