だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

一刀流無想剣 斬/月村了衛

◆読んだ本◆
・書名:一刀流無想剣 斬
・著者:月村了衛
・定価:1,500円
・出版社:講談社
・発行日:2012/10/29

◆おすすめ度◆
・戦国時代剣豪小説度:★★★
・血しぶきをあげる一刀流無想剣度:★★★★
・姫と小姓を命がけで守る神子上典膳の真意は?度:★★★

◆感想◆
謀反により命を狙われる澪姫と小姓の小弥太。たまさか通りかかった神子上典膳は、なぜか二人を命がけで助けるが…

戦国時代を舞台に、剣豪の神子上典膳が縁もゆかりもない少女と少年を助けるという、アクションエンターテイメントの王道な展開の剣豪チャンバラ小説。
次から次へとくる追っ手を振りきり、剣の達人と切り結び、絶体絶命の危機を乗り越える痛快にしてサバイバルなストーリー。
忍者みたいにアクロバティックなテクニックを使ったり思わぬ助けが現れたりと007なみの不死身さもさることながら、主人公・神子上典膳のかもし出すブラックなオーラも読みどころ。

機龍警察シリーズのようなやや重めの活劇風時代小説を期待したが、ちょっと違って軽めの剣豪小説。
と思いきや、ラストには予想を覆す展開もあったりして、それはそれで十分エンターテイメントなチャンバラ小説です。

「切落」「払捨刀」「夢想剣」などの極意に興味津々となるのはなんでだろう。
少年がチャンバラごっこに夢中となる気持ちが良くわかる。

◆関連記事◆
小野派一刀流/Wikipedia

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/468-f66717e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【一刀流無想剣 斬/月村】

◆読んだ本◆ ・書名:一刀流無想剣 斬 ・著者:月村了衛 ・定価:1,500円 ・出版社:講談社 ・発行日:20

  • 2012/11/19(月) 08:33:50 |
  • まっとめBLOG速報

FC2Ad