だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

追撃の森/ジェフリー・ディーヴァー

◆読んだ本◆
・書名:追撃の森
・著者:ジェフリー・ディーヴァー
・定価:1,000円
・出版社:文春文庫
・発行日:2012/6/10

◆おすすめ度◆
・スリルとサスペンス小説度:★★★★
・追いつ追われつのアクションサバイバル度:★★★★
・どんでん返し返し返し度:★★★

◆感想◆
通報を受け、湖畔の山荘に向かった女性保安官補ブリンは、予想外の殺人事件に遭遇する。さらに現場で出会った女を連れ、殺人犯グループの二人から逃げるため深い森に入り込むが…

年末の恒例「このミステリーがすごい! 2013年版」と「週刊文春ミステリーベスト10」を眺めて目についた海外のミステリー小説が「解錠師」と「追撃の森」。
「解錠師」はこのミスでも文春でも1位だし、内容もなんだか面白そう。
「追撃の森」はこのミスでは20位、文春では8位だけれど、登場人物が少なくって展開が冒険小説っぽいストイックな感じが面白そう。
大勢の登場人物や複雑な物語は、特に翻訳本だとくたびれちゃうんである。

で、本書「追撃の森」。
書評誌にあるように、追いつ追われつの死闘や森の中での保安官補と殺し屋というプロフェッショナル同士の駆け引きが、手に汗握る展開。
ひたすら殺し屋は追い、それを様々な方法で逃れ反撃する保安官補。
単純明快でいいぞ。

どの書評でも「どんでん返し」が合い言葉みたいに書いてあったから、その分どんでん返しの面白みは半減しちゃったけれど、「んんっ」という展開や登場人物のドラマチックなお話もあったりして最後まで飽きさせない。

のんびりしたお正月にドキドキする読み物として最適。

壁に食い込んだ弾丸をほじくり出す、というのがプロフェッショナル感を盛り上げてるなあ。
このミス、文春ともにベストテンに入っている「バーニング・ワイヤー」も読みたくなる。
けど、たぶん読まないだろうなあ。
登場人物多そうだし。

◆関連記事◆
『追撃の森』(ジェフリー・ディーヴァー 著)著者インタビュー/本の話WEB
(書評)追撃の森/新・たこの感想文
ジェフリー・ディーヴァー『追撃の森』(文春文庫)/探偵小説三昧

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/474-c2c91deb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad